<Google、「Inbox」をiPad/Androidタブレット/Firefox/Safari対応に>人気ブログ|起業集客支援

2015.02.22 Sunday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

    米Googleは2月19日(現地時間)、現在iPhone、Androidスマートフォン、Chromeブラウザ向けに招待制で提供しているメールアプリ「Inbox」を、iPad、Androidタブレット、Firefox、米AppleのSafariにも対応させたと発表しました。



    Inboxは、Gmail開発チームが昨年11月に招待制でリリースした新しいメールアプリです。メールだけでなくGoogleカレンダーやGoogle検索など一連の同社サービスでのアクティビティを反映させたリマインダー機能や独特のカテゴリ管理などを備えています。



    Webアプリ版は、Inboxを利用できるようになっているGoogleアカウントでログインした状態でWeb版Inboxのサイトを開くことで利用できます。



    米MicrosoftのInternet Explorer(IE)にはまだ対応しておらず、IEでこのサイトを開こうとするとChrome、Firefox、Safariのいずれかをダウンロードするよう促されます。



    Inboxの招待を受けるには、inbox@google.comにメールで申し込むか、既にInboxを使っているユーザーに頼む必要があります。



    Googleの1月29日の発表によると、Inboxユーザーの70%がAndroid端末で、28%がiOS端末で、34%がWebブラウザ(モバイル版との重複を含む)でこのメールアプリを利用しているということです。



    メールは必ず使うツールですから自分に合うものを使えるように選択肢が増えることは歓迎すべきことです。



     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <アップル、「FaceTime」「iMessage」に2要素認証を導入>人気ブログ|起業集客支援

    2015.02.15 Sunday

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
      Appleが同社デジタル通信サービス「iMessage」および「FaceTime」のログイン処理を強化しました。ハッカーによるユーザーアカウントの乗っ取りを防ぐことが目的です。


      Appleは米国時間2月12日、ユーザーのアカウントに2ステップID確認を追加し、そのパスワードを知っていても認証されていない人物はアカウントにアクセスできなくなることを発表しました。Appleは、2014年に著名人の「iCloud」アカウントが侵害されたことで注目を集めましたが、インターネット関連製品のセキュリティをそれ以来強化してきました。


      オンラインサービスはこれまで、ユーザー名とそれにひも付いたパスワードを入力してアカウントにアクセスする1段階の処理に依存していました。2段階認証(2要素認証とも呼ばれる)は、アカウントにアクセスするためにパスワードに加え、2つ目の形式の認証情報を入力して身元を証明することを求め、追加のセキュリティレイヤを提供します。


      Appleは、同社のサービスで2ステップ確認を設定する方法や内部の仕組みを説明するFAQを公開しています。


      日本ではiPhoneの普及率がスマートフォンではナンバー1であることからセキュリティの充実は大歓迎です。


      これからもより安全に便利になることを期待します。

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      <電子コミックサービス「LINEマンガ」、累計売上49億円を突破>人気ブログ|起業集客支援

      2015.02.08 Sunday

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
        LINEは6日、スマートフォン向け電子コミックサービス「LINE マンガ」において、1月31日時点でコンテンツダウンロード数が1,000万件を達成したことを発表しました。


         「LINE マンガ」は、電子書籍端末ではないスマートフォンでも、マンガ・ライトノベル作品が楽しめるサービス。現在までに、コミック8万9千点、ライトノベル6千点以上、計9万5千点のコンテンツを提供しています。対象コミックを購入すると当該マンガキャラクターのスタンプを無料でダウンロードできる「スタンプ付きマンガ」、 期間限定で特定作品の1巻または複数巻が無料閲覧できる「無料マンガ」などの企画も展開しています。


        今回、サービス開始から1年10ヶ月となる1月31日に、ダウンロード数1,000万件を達成しました。またサービス開始からの累計売上は49億円を突破したことも発表されました。なお作品ジャンルごとで売上比率が高いのは、「恋愛/ラブコメ」約33%、「アクション」約12%、「ミステリー・ホラー」約9%の順とのことです。


        また、ダウンロード数1,000万件達成を記念し、「ちはやふる」(講談社)の末次由紀、「聖☆おにいさん SAINT☆YOUNG MEN」(講談社)の中村光、「北斗の拳 イチゴ味」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)の行徒妹などから、計25点のイラストメッセージ作品が寄せられています。これらの作品は、「LINEマンガ」アプリもしくは「LINEマンガ」ブラウザ版で閲覧可能です。


        本離れと言われている今、アプリでもマンガでも活字にふれることはいいことです。

        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/