<iPhoneが“走るロボット”に──iPhone連携の子供向けロボットキット「Romo」予約開始>人気ブログ|起業集客支援

2014.06.06 Friday

0
    アプリというか、ハードというか、iPhoneと合体させることで駆動する米Romotiveの知育ロボット「Romo」が日本に上陸します。ルンバでおなじみのセールス・オンデマンドが日本総代理店となり、公式サイトで予約受付を開始しました。価格は1万4500円(税別)です。


    Romoはキャタピラを搭載したロボットです。専用のアプリを入れたiPhoneやiPod touchを接続することで、端末がロボットの“頭脳”となり、アプリで指定したプログラムに沿ってさまざまな動きや感情を見せます。


    遊びを通じて子どもの論理的思考やプログラミングへの興味を育むのが商品の狙いです。ロボットをトレーニングすることで対象物追跡、顔認識といった機能が追加される仕組みもあします。SDKを使ってオリジナルアプリも開発可能ということで大人でも十分に勉強になりそうです。


    どのように使えるか興味がつきません。



     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <Apple、6月2日のWWDC基調講演で「iOS 8」「OS X 10.10」を発表へ>人気ブログ|起業集客支援

    2014.05.24 Saturday

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
      米Appleは現地時間2014年6月2〜6日、恒例の開発者カンファレンス「Worldwide Developers Conference(WWDC)2014」を開催します。今回も、CEO(最高経営責任者)のTim Cook氏をはじめとする同社幹部が基調講演に登壇し、「iOS」と「OS X」の最新バージョンを発表する見通しです。過去の例にならえば、ハードウエアの新製品も発表すると見られます。


      同社は、WWDCの最新のスケジュールをWebサイトで公開しました。これまで同様、基調講演は初日の午前10時から始まり、2時間の予定です。


      Appleの例年の日程から考えると、同社は今回のWWDCで「iOS 8」と「OS X 10.10」を発表し、少なくとも一方(おそらくiOS)のプレリリース版のコードをカンファレンスの参加者に提供したうえで、秋にこれらの新OSを正式リリースするという運びになると見られます。過去3回は、6月のWWDCのタイミングで開発者にiOSのSDKを提供し、秋(2011年は10月、2012年と2013年は9月)に「iPhone」の新機種を発表しています。


      またOS Xについては、最近の4回中3回のWWDCでは、新バージョンの公開時期を基調講演の中で発表し、数週間以内にリリースするという流れでした。しかし昨年は、ユーザーと開発者の憶測の中、公開は10月下旬にずれ込みました。


      Appleとしては、開発者がOSの変更点や新しいAPIへの理解を深め、新たなアプリの開発や既存アプリの修正に生かしてもらえるよう、時間を与えたいと考えであると推測されます。そのように推定すると、iOS 8とOS X 10.10は、いずれも秋のリリースとなる可能性が高そうです。


      ハードも同じ時期にリリースされるでしょうか。

      楽しみです。
       

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      <歩きスマホ事故防止アプリ「STOP歩きスマホ」公開……ソフトバンク>人気ブログ|起業集客支援

      2014.05.24 Saturday

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
        この頃は駅などのアナウンスで歩きスマホの注意喚起をよく聞きます。


        ソフトバンクモバイルは23日、歩きスマホ(スマートフォンの画面を見つめながらの歩行)による事故防止とマナー向上の取り組みとして、歩きスマホ防止アプリケーション「STOP歩きスマホ」を公開しました。


        「STOP歩きスマホ」は、スマートフォンの画面を見ながら歩行すると、歩行中であることを検知し警告画面を表示するAndroid向けアプリです。警告画面が表示されている間は、スマートフォンの操作ができなくなります。利用料金は無料。

         
        賢いのは音声通話や音声発着信、緊急速報メールの使用中は、注意メッセージは表示されないところです。ただ、一部機種によってはTV視聴中に注意メッセージが表示されないことがあります。対応OSはAndroid 4.0以上で動作可能です。


        どうせならiOSにも欲しいです。
         

        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/

                

        <自動巻きのスマートウォッチ「KAIROS」登場 日本語表示も可能>人気ブログ|起業集客支援

        2014.05.24 Saturday

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般
          まだまだ一般的ではありませんが数々のメーカーからスマートウォッチが出てきています。


          新興企業のKairos Watchesは5月15日、自動巻き腕時計のディスプレイにスマートフォンの着信やフィットネス情報を表示するハイブリッドなスマートウォッチ「KAIROS」(ギリシャ語で正しい時、という意味)の予約受付を開始しました。


          7月1日まで有効な予約特別価格は499〜1199ドル。この価格は希望小売価格より50〜60%安いということです。出荷は今年の12月の見込みです。


          ベースになるメカニカルな時計部分は、シチズンファインテックミヨタ製82S7とスイスSOPROD製A10BV-2の2種類あり、その下にスマートウォッチ機能のための基板が重ねられています。厚さは16.5ミリ、直径は46ミリです。


          OSは明示されていないが、AndroidおよびiOS端末とBluetoothで接続可能です。ディスプレイはタッチセンサー付きでフルカラーのOLED TFTで、プロセッサはARM Cortex、180mAhのバッテリーを内蔵するのでこの部分は自動巻きではありません。


          機能としては、一般的なスマートウォッチと同様に、連係するスマートフォンの電話やメールの着信、FacebookやTwitter、LINEなどのプッシュ通知、スマートフォンのカメラや音楽再生のリモートコントロール、フィットネス情報の記録、ストップウォッチ機能などがあります。日本語を含む9カ国語をサポートするところはうれしいポイントです。


          メーカーのKairos Watchesは、韓国出身の起業家であるサム・ヤン氏が、Samsungの技術者やスペイン人のセキュリティ専門家、カナダ人の医療技術者などを集めて立ち上げました。現在米国と香港に拠点を持っています。


          ほしいな、と思う一品です。
           

          ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


          ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

          ・WEB URL:http://shirun.net/

                  

          <ビジネスアカウント「LINE@」、無料プランの提供を開始……新機能「LINEお店トーク」も利用可能に>人気ブログ|起業集客支援

          2014.05.18 Sunday

          0
            JUGEMテーマ:日記・一般
            LINEは16日、スマートフォンアプリ「LINE」のビジネスアカウント「LINE@」について、無料版を含む新料金プランの提供を開始しました。あわせて「LINEお店トーク」などの新機能の提供も開始します。

             
            「LINE@」は、飲食・アパレル・美容・宿泊施設などの実店舗を対象としたビジネスアカウントです。LINEのプラットフォームを利用して店舗の販売促進をサポートするO2Oサービスして、現在3万件以上のアカウントが開設されています。LINE@から配信されたクーポンを来店時に利用するユーザーは、約40%だということです。


             16日より、従来の月額5,000円(税抜)の有料版に加え、月額無料でアカウントが利用できる無料版(スタンダードプラン)の提供を開始します。無料版ではメッセージ配信数に一部制限があるほかは、「LINE お店ページ」の掲載・編集、問い合わせ対応、メッセージ配信など、主要機能を全て無償で利用可能です。

             
            あわせて、LINEやWEB上に店舗情報(メニュー、クーポン、写真・動画など)を掲載できる「LINEお店ページ」、LINEのトーク機能を通して問い合わせを受け付けることができる「LINEお店トーク」などの新機能が利用可能となります。新機能の利用有無は任意に設定可能です。


             LINEユーザー側は、本日より「お店ページ」を閲覧して店舗情報を確認したり、「LINEお店トーク」を利用して店舗への問い合わせや予約の連絡をしたりすることが可能となります。


            ビジネスn分野に本格的に進出しだしたLINE。今後の展開に期待します。

            ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


            ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

            ・WEB URL:http://shirun.net/

                    

            <LINE、一般ユーザー制作スタンプの販売を開始……約350セットが販売可能に>人気ブログ|起業集客支援

            2014.05.11 Sunday

            0
              JUGEMテーマ:日記・一般
              LINEは8日、一般ユーザーが制作したスタンプの販売を開始しました。


              スタンプは、LINE STOREの「クリエイターズスタンプ」ページから購入が可能です。


              これらのスタンプは、一般ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」に登録されたものです。4月17日から登録受付を開始していましたが、今回、審査が完了したスタンプの販売・購入がスタートしました。クリエイターが公開可能なスタンプは、約350セットとなっています。


              現時点でクリエイターの登録数は約30,000人を超え、登録申請されたスタンプは5,000セットを超えているとのことですから驚きです。なお、クリエイター登録者のうち、日本国外のユーザーが約4割を占めているということですので日本人の関心の高さが伺えます。


               販売されたスタンプ売上は、50%がクリエイターに分配され、前月までの分配金額が1万円を超えると管理画面から振込申請を行うことができるようになります。


              これにより、イラストレーターの方たちの活躍の場が広がることを期待します。

              ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


              ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

              ・WEB URL:http://shirun.net/

                      

              <場所に応じてWi-Fiをオンオフしてくれるアプリ「Wi-Fi Matic」>人気ブログ|起業集客支援

              2014.05.03 Saturday

              0
                JUGEMテーマ:日記・一般
                スマートフォンのバッテリを節約するために、外出時にWi-Fiなどの無線通信を切っている人も多いでしょう。しかし、自宅に帰ってもWi-Fiの電源を入れ忘れ、うっかりストリーミング動画を視聴するなどしてスマートフォンの通信容量を無駄に費やしてしまった……という経験をしたことがある人も同じくらいいるのではないでしょうか。


                そういうときにお勧めのアプリが「Wi-Fi Matic - Auto WiFi On Off」です。これは、現在いる場所に応じて、自動的にWi-Fiの電源をオン、オフに切り替えてくれるツールです。あらかじめ自宅のWi-Fiスポットを登録しておけば、自宅にいる時はWi-Fiをオンに、出かけて自宅を離れた時はオフにするといった操作を自動的にしてくれるので、Wi-Fiの切り忘れ、入れ忘れがなくなります。


                こうしたツールの多くは、GPSによる位置情報を用いてオン・オフを判断するのが一般的です。しかしGPS自体、オンにしているとバッテリを多く消費するため、そもそも節約につながりにくいという問題を抱えてしまいます。そこでWi-Fi Maticは、GPSではなく携帯電話基地局の情報を用いて、Wi-Fiを制御する方式をとっています。


                スマートフォンは元々、近くにある携帯電話基地局と接続して電話や通信をする仕組みとなっており、場所を移動すると接続する基地局がその都度変わってきます。そうしたスマートフォンの特徴を活かし、あらかじめ登録した場所周辺の基地局に接続しているかどうかをチェックしてWi-Fiを制御するのが、Wi-Fi Maticの仕組みです。GPSと比べるとあくまで大まかな位置でしか判断できないという弱みはあるものの、スマートフォンの基本機能だけで使えるので、GPSを用いた場合と比べてバッテリ消費も大幅に抑えられるのがメリットです。


                Wi-Fi Maticは英語版のアプリであるため、使い方が難しいように思えますが、基本的には登録したいWi-Fiスポットに接続した状態で起動し、利用をオンにするだけと非常に簡単です。これだけでも十分節電に役立ってくれますが、他にもWi-Fiをオン・オフする時間を設定したり、Wi-Fiに接続してからオフにするまでの時間、さらには位置情報を検索する間隔などを細かく設定して、一層の節電につなげることもできます。


                バッテリー残量が少なくなればなるほど現在使っている機能をオフします。


                Wi-Fiが使えない環境で機能をオフにすることは無駄を無くすことでも有効です。


                是非使ってみたいアプリです。
                 

                ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                ・WEB URL:http://shirun.net/

                        

                <「firestorage」のファイルURL、ヤフーのアドネット広告主が閲覧可能な状態に>人気ブログ|起業集客支援

                2014.04.26 Saturday

                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般
                  ファイル送信サービス「firestorage」を運営するロジックファクトリーとヤフーはこのほど、firestorageユーザーが作成したファイルダウンロード用URLが、ヤフーのアドネットワーク「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」(YDN)の広告主に閲覧可能な状態になっていたと発表しました。


                  firestorageは、Webブラウザからファイルをアップロードできるストレージサービスです。メールに添付するには大きすぎるファイルでも、ダウンロード用のURLをURLを送るだけでやりとりできるため、大容量ファイルの交換に広く使われています。


                  firestorageはYDNの広告を掲載しており、YDNは4月20日、広告主が配信サイトを選べる「プレイスメントターゲティング機能」を追加しました。


                  YDNの広告主は、配信された広告の実績を確認する「レポート機能」を通じて配信先WebサイトのURL別に確認できるようになっており、firestorageの無料・非登録ユーザーがアップロードしたファイルへのURLもレポート機能の対象となっていました。


                  ロジックファクトリーは23日、ディスプレイネットワークを担当する外部委託先から、「レポート機能からfirestorageのダウンロードURLが確認できる」と連絡を受けて問題を知り、該当の広告をfirestorageから削除しました。


                  問題を受けてヤフーは23日、レポート機能を一時的に停止。レポートを出力した広告主には、該当レポートの削除を要請するということです。


                  オンラインストレージサービスのダウンロードページでの広告掲載は一時的に停止しました。再発防止策として、レポート機能の改善や広告掲載サイト運営主への注意喚起などを行うとしています。


                  ロジックファクトリーは、20〜23日正午までに公開されていたファイルについて、パスワードの設定などを呼び掛けています。

                  また、ログイン後のアップロード時はパスワードを自動発行するなどの再発防止策を実施します。


                  ヤフーによると、同様のファイル送信サービス「sharedfile.jp」のダウンロード用URLも、YDNの広告主が閲覧できる状態だったということです。


                  今後も何か不具合があったら今回のように早急な情報の開示、対応をお願いします。
                   

                  ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                  ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                  ・WEB URL:http://shirun.net/

                          

                  <ネット接続なしでチャットできるアプリ「FireChat」>人気ブログ|起業集客支援

                  2014.04.20 Sunday

                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般
                    3GやLTE、Wi-Fiに接続していなくても、メッシュ・ネットワークを利用することでBluetoothだけで現在地から10メートル以内のユーザーとメッセージのやり取りが可能なアプリが「FireChat」です。FireChatが使用しているメッシュ・ネットワークは、例え2台のデバイスが10メートル以上離れていても、中間地点にデバイスを1台設置することで、3つのデバイス間でメッセージのやり取りができる、というものです。


                    FireChatは10メートル以内にいるユーザーとチャットできるわけですが、メッシュ・ネットワークを利用することで、10メートル間隔で離れている3台の端末において、両端が20メートル以上離れていても、3台の端末間でメッセージのやり取りが可能になります。


                    Bluetoothは遮蔽(しゃへい)物があると通信できなくなりますが、障害となる場所にFireChatをインストールした中継端末として用意すれば障害物を乗り越えて通信が可能です。


                    メッシュ・ネットワークを使用しているFireChatを使えば、2台の端末が「距離が離れすぎている」「端末間に遮蔽物がある」などの理由でチャット不可能な状態でも、1台を中継地点にすることでメッセージのやり取りができ、お互いがかなり離れていても動作します。ただし、FireChatが突然クラッシュしたり、メッセージの送信は可能だけれども受信できない、という現象が起こり、不安定な動作を見せることもあるようです。


                    メッシュ・ネットワークはノイズの多い環境にも動作が左右されるので過度の期待は禁物ですが第3のチャット手段とすれば有効です。
                     

                    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                    ・WEB URL:http://shirun.net/

                            

                    <IPA、Androidアプリの脆弱性の学習・点検ツール「AnCoLe」無償公開>人気ブログ|起業集客支援

                    2014.04.12 Saturday

                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般
                      IPA(情報処理推進機構)は4月11日、Androidアプリの脆弱性の学習・点検ツール「AnCoLe(アンコール)」をサイトで公開した。Windows Vista/7/8上で動作し、無償利用が可能です。


                      「AnCoLe」(ANdroid secure COde LEarning tool)は、Androidアプリの開発者を対象とした、脆弱性が作り込まれてしまう原因や対策について実習形式で学べるツールです。IPAへの届出が多い脆弱性を中心とした7テーマを対象に、対策方法が学習・点検できます。攻撃アプリを使い、修正したサンプルアプリに攻撃を試行し、対策されていることを確認することが可能です。


                       ソフトウェア開発環境のEclipse上で動作し、Android端末の実機やエミュレータを使用します。


                      学習対象となる脆弱性等は、「ファイルのアクセス制限不備」「コンポーネントのアクセス制限不備」「暗黙的Intentの不適切な使用」「不適切なログ出力」「WebViewの不適切な使用」「SSL通信の実装不備」「不必要な権限の取得」の7種類です。


                      その他、Androidアプリ開発の初心者に配慮し、ツールの使用上最低限必要となる、基本的な知識としてAndroid OSの仕組み、Androidアプリの特徴、および用語集が提供されています。


                      脆弱性が見つかってから修正も必要ですが、作成時に脆弱性を事前に見つけ回避するツールはこれからもどんどん出てきてほしいです。

                      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                      ・WEB URL:http://shirun.net/