<KDDIとGrouponが提携 「au one クーポン」オープン>人気ブログ|独立起業開業

2010.12.14 Tuesday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

    日本でもすっかりお馴染みとなったグルーポン。


    食事や旅行などをはじめとした様々な商品を「共同購入」することにより格安で購入できる新しいスタイルのショッピングサイトです。



    KDDIとGrouponが提携し、auユーザー向けクーポンポータル「au one ポータル」をオープンしてグルーポンのノウハウとau oneの集客力を組み合わせる形となりました。


     
    au one クーポンのイメージ KDDIとグルーポン・ジャパンは12月14日、共同購入型クーポンサービスで業務提携すると発表しました。



    KDDIは「Groupon」の携帯電話向けサイト「グルーポンモバイル」と連携し、20日にクーポン情報サイト「au one クーポン」を開設します。


    グルーポンのクーポンサービス運営ノウハウとKDDIのポータル集客力を組み合わせ、今後はオリジナルクーポンの提供なども検討していくということです。



    auユーザー向けポータル「au one」にクーポン専用サイトとして新設してレストランやレジャー施設などを50%以上の割引価格で利用できるクーポンを紹介します。



    クーポン情報はグルーポンモバイルから掲載し、チケット購入もグルーポンモバイルに移動して行う形です。



    グルーポンモバイルは14日からEZweb公式サイト化。今後、auの利用料金とまとめて支払う「まとめてau支払い」「まとめてau支払い」「かんたん決済」に対応し、手軽にチケットを購入できるようにするなど決済方法についても手抜かりがありません。



    スマートフォンへの対応は来春発売予定のAndroid端末「REGZA Phone IS04」に、GrouponのAndroidアプリをダウンロードするためのショートカットをプリセットする予定です。

     



     

    インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <ツイッター、いつの間にか進化>人気ブログ|独立起業開業

    2010.10.14 Thursday

    0
      米Twitterは2010年10月6日、数週間前に新しい検索システムを導入していたことを明らかにしたました。


      同社はかつて買収した、米Summizeが開発したシステムをベースとしてTwitter Searchを提供していたが、MySQLベースのシステムの拡張性が問題となっていました。


      同社は半年前に、新しい検索アーキテクチャの開発に着手しました。


      オープンソースのLuceneを検索レイヤーに、今後数年にわたり利用できるだけのスケーラビリティやインデックスレイテンシなどの各要件をクリアしたバックエンドシステムの構築に成功しました。


      現在、提供可能な全リソースの、わずか5%程度しか利用していないということです。


      また、インデックスが大幅に改善され、1秒あたりに現在処理しているツイートの50倍を瞬時にインデックスできるようになりました。


      この変更は数週間前にすでに行われていたが、ほとんどのユーザが気がついていなかったということです。


      Twitter社は、誰もこの変更に気がつかなかったのであれば、それは成功だとコメントしています。



      インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      <ツイッター、いつの間にか進化>人気ブログ|独立起業開業

      2010.10.14 Thursday

      0
        米Twitterは2010年10月6日、数週間前に新しい検索システムを導入していたことを明らかにしたました。


        同社はかつて買収した、米Summizeが開発したシステムをベースとしてTwitter Searchを提供していたが、MySQLベースのシステムの拡張性が問題となっていました。


        同社は半年前に、新しい検索アーキテクチャの開発に着手しました。


        オープンソースのLuceneを検索レイヤーに、今後数年にわたり利用できるだけのスケーラビリティやインデックスレイテンシなどの各要件をクリアしたバックエンドシステムの構築に成功しました。


        現在、提供可能な全リソースの、わずか5%程度しか利用していないということです。


        また、インデックスが大幅に改善され、1秒あたりに現在処理しているツイートの50倍を瞬時にインデックスできるようになりました。


        この変更は数週間前にすでに行われていたが、ほとんどのユーザが気がついていなかったということです。


        Twitter社は、誰もこの変更に気がつかなかったのであれば、それは成功だとコメントしています。



        インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/

                

        <MicrosoftがIE9のベータ版を公開、より高速でシンプルに>人気ブログ|独立起業開業

        2010.09.16 Thursday

        0
          プラウザは何をお使いですか?


          一番ポピュラーなのは、なんだかんだ言ってもインターネットエクスプローラー(IE)でしょう。


          米Microsoftは現地時間2010年9月15日、次期Webブラウザー「Internet Explorer(IE)9 」のベータ版を公開しました。


          ユーザーインタフェース(UI)を簡素化し、全般的に処理速度の向上を図りました。


          このIE9のベータ版は専用サイト「BeautyoftheWeb.com」から無償でダウンロードできます。


          同サイトでは、既にIE9に対応した70以上の主要サイトを紹介しているということですからかなり完成度が高いことが推測できます。


          IE9では、画像やテキストのレンダリングを、従来のようにCPUではなくGPUで計算するようにしました。


          合わせて新たなJavaScriptエンジンの採用などにより、Webページの表示速度を高めています。


          これまでアドレスバーと別に設けていた検索ボックスを廃止し、URLなどのアドレスと検索キーワードを1カ所で入力できるようにしています。


          セキュリティやプライバシ保護についても強化を図っています。


          同社は、「Webブラウザーは劇場だ。舞台の主役であるWebサイトやアプリケーションの良さを十分に引き出せるように設計した」としています。


          HTML5や、SVG、CSS3といった最新のWeb標準規格をサポートするほか、同社のOS「Windows 7」との連携を強化しました。


          Windows 7のタスクバーにお気に入りサイトを直接登録できる「Pinned Sites」機能を備えています。


          また、電子メールの送信や、楽曲の再生、最新ニュースの確認など頻繁に実行する操作にすぐにアクセスできる「Jump Lists」機能や、タブを切り離して別のウインドウでサイトを開き直し、二つのサイトを並べて表示する「Aero Snap」機能などを追加しています。


          米Net Applicationsがまとめたブラウザー市場に関する調査結果によると、IEのシェアは約2年前の74%から60%に縮小している。一方、「Firefox」は19%から23%に、「Chrome」は1.1%から7.5%に、「Safari」は2.8%から5.2%へと、それぞれシェアを拡大していることから、マイクロソフトも使いやすいプラウザを開発して再度シェアを巻き返す構えです。


          IE8が出たときにも動作が軽くなると言っていましたが、他のプラウザと比較しても劇的に軽かったとは言えませんでした。


          IE9は文章でその特徴を聞く限り、かなりの多機能となっているようですが、実際の使い心地はどうでしょうか。





          インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

          ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


          ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

          ・WEB URL:http://shirun.net/

                  

          <マイクロソフト、初めてヤフー抜く 米検索市場2位に >人気ブログ|独立起業開業

          2010.09.15 Wednesday

          0
            検索エンジンのシェアは不動のものと言う感じがしていましたが、シェア争いに絶対は無いことの証明のようなお話です。


            米国のインターネット検索市場で8月、ソフトウエア最大手マイクロソフト(MS)が提供する「ビング」の市場占有率(シェア)が13.9%に達し、ネット検索大手ヤフーを上回って、トップのグーグルに次ぎ初めて2位に浮上したことが14日分かりました。


            これは日本でもおなじみの調査会社ニールセンが発表したものです。


            グーグルは65.1%で、相変わらずのダントツトップです。


            ヤフーは13.1%。グーグルは前年8月の64.6%からやや増加しました。


            前年8月のMSとヤフーはそれぞれ10.7%と16.0%だった。MSが大幅増となった半面、ヤフーはそれに食われる形で大きく減らしました。


            今年8月、米国でヤフーがMSの検索技術を採用し、両社の米検索事業は事実上統合しました。


            MSは両社でグーグルを追撃する計画でしたが、MSとヤフーを合わせたシェアは単純合算で27.0%となり、前年8月と比べ0.3ポイントの微増にとどまっています。


            グーグルが圧倒的なシェアを占めていることを立証する結果ですが、前述のとおり不動と思っていたシェアにも交代劇が見られたのも事実です。


            いつ、どこが、シェアトップとなるのか。


            どの業界もトップだからと安心してられませんね。



            インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

            ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


            ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

            ・WEB URL:http://shirun.net/

                    

            <スマートフォンを選ぶときに悩む>人気ブログ|独立起業開業

            2010.09.13 Monday

            0
              スマートフォンを使っている人を見ることが多くなり、電車の中や喫茶店でさかんに画面に指を滑らせている人を見かけます。


              画面の大きさ、見易さ、それに伴う情報量の多さからスマートフォンから享受される恩恵が多いながら、実は未だに購入に踏み切れません。


              その理由は、一つがキャリア、もう一つが通信料金です。


              私が欲しいと思っているのはiPhone4ですが、現在ソフトバンクのみです。


              別の通信会社がNTTドコモのSIMカードを売り出しましたが、SIMフリーのiPhoneは日本では買えず海外から何らかの方法で購入するしかありません。


              しかも、購入費用は高くなるたおいそれとは手が出ませんし、何となくアンダーグラウンドな雰囲気(本当は違います!きちんとした正規の通信会社が正規の販売方法で売っています)でちょっと抵抗があります。


              過去にNTTドコモからauにキャリア変更をした経験がありますが、端末ほしさにまたキャリアを変えるのも抵抗があり、そのうちSIMフリーが一般的になるだろうと思ってそのままです。


              また、現在は通話とメールがほとんどでしたが、スマートフォンによるインターネット接続で通信料金が跳ね上がるのではないかと言う懸念も購入を躊躇っている要因の一つです。


              パソコンではそれこそそのデータ通信量の多さに関係なく使っていますから尚更その感覚で使ってしまう自分を想像すると怖くなってしまいます。


              もちろん定額プランがあるのは承知していますが、パソコンの通信費とほぼ同等の金額を支払ってまで、外でインターネットを自分が使うのかが疑問となっています。


              実際スマートフォンユーザーの不満点に通信料が上位に来ていることをみると、この悩みは私だけではないことが分かります。


              この状況、前にも経験した覚えがあると思ったらパソコンの通信手段にADSLが出てきたときに似ているのに気付きました。


              当時、通常の電話回線でインターネットを見るかISDNを使うしかなかったとき、回線をつないで時計と睨めっこしながらインターネットやメールをしていました。


              それから数年経過して今ではインターネットに接続するのに時間を気にしている所は皆無と言っていいでしょう。


              反面、携帯やスマートフォンの通信体制はまだデータの多さ少なさで金額が変化します。


              ハードの発展はもちろん重要ですが、インフラ面の整備が進まないと単なる流行で終わってしまう事だってあるかもしれません。



              インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

              ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


              ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

              ・WEB URL:http://shirun.net/

                      

              <アップル、音楽SNSをリリース。提供48時間後に100万人>人気ブログ|独立起業開業

              2010.09.08 Wednesday

              0
                SNS、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用したことありますか?


                一般にSNSは文章や画像のやり取りが主でしたが、いよいよ音楽にもSNSの波が来るようです。


                米Appleは米国時間2010年9月3日、新たに提供を開始した音楽ファン向けソーシャルネットワーク機能「Ping」への参加者が48時間以内で100万人を超えたと発表しました。


                Pingは、9月1日にリリースしたデジタルコンテンツ管理ソフトウエアの最新版「iTunes 10」に新たに導入された機能で、ユーザーは好きなアーティストをフォローして情報や関連コンテンツを入手したり、どのような音楽を聞いているのかユーザー同士で情報を共有したりできます。

                私も昨日iTunesを10にアップグレードしたとき、この「Ping」を見つけましたが、そのときは大した関心もなくそのままスルーしました。


                しかし、同社インターネットサービス担当バイスプレジデントのEddy Cue氏によると、iTunes 10をダウンロードした人の3分の1がPingに参加しているというから驚きです。


                「今後数週間により多くの人がiTunes 10をダウンロードするとともに、Pingコミュニティも拡大し続けるだろう」と同氏は述べています。


                もちろんiTunes 10は同社のWebサイトから無償でダウンロード出来ます。


                米メディアの報道(PC Magazine)によりますと、米CBS傘下の音楽ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Last.fm」は、米Microsoftの「Xbox 360」ビデオゲーム機向けオンライン・ゲーム・サービス「Xbox LIVE」に統合された際に、すぐに約100万件の新規アカウントが登録されました。


                Last.fmは毎月4000万人が利用しているといいます。


                人によっては、PingがiTunesに依存しており他のSNSとやりとりできないことなどを欠点として指摘していますが、iTunesを使用しているユーザーの多さを考えると大した問題ではないような気がします。


                ちなみにiTunes10は、新型iPod nano、iTouchに合わせたようなタイミングでリリースされました。


                外観の変更は少ないですが、今回はアイコンも変更されました。


                私はiTunesの曲を外付けHDDに保存しているのですが、アップグレード後に何枚かのアルバムが、iTunes上のリストにはあるのに保存先が不明(曲名の左側に!が付いていました)となってしまい再生されなくなりました。


                恐らく何かおかしな設定をしてしまったからでしょうが、そんなに聞くアルバムでもなかったのと、CDを持っているため結局削除してしまいました。



                インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                ・WEB URL:http://shirun.net/

                        

                <月額5000円のデジタルサイネージ・システム、サイバーステーションと日本サムスンが共同販売 >人気ブログ|独立起業開業

                2010.09.07 Tuesday

                0
                  広告宣伝の一手段としてデジタルサイネージが普及しています。


                  と、言ってもまだまだ価格が高く導入に踏み切れない会社も多いでしょう。


                  そんな中でサイバーステーションと日本サムスンは2010年9月7日、共同開発したデジタルサイネージ・システム「ハルヱとケイジdeデジサイン」の販売を開始すると発表しました。


                  デジタルサイネージ・システムを運用するために必要なコンテンツやコンテンツ管理・配信システム、セットトップボックス(STB)の機能を内蔵したディスプレイが一まとめで提供されるため、従来のデジタルサイネージより導入が容易だということです。


                  設置する月額利用料は5000円で、2010年9月29日から発売すると発表しています。


                  日本サムスンはこれまでも、液晶ディスプレイとSTBが一体化したデジタルサイネージ端末「ハルヱとケイジ」を販売しています。


                  ただし表示するコンテンツや表示タイミングは端末に挿入するUSBメモリーで管理していました。


                  一台一台を管理しなければならないことから設置台数が多い場合や設置場所が離れている場合は、コンテンツ管理に手間がかかる可能性がありました。


                  サイバーステーションはネットワーク経由でコンテンツを配信する「デジサイン」を提供しており、これと組み合わせることでこうした手間が軽減できるということです。


                  デジサインの機能はこれまで提供していたものと同じですが、ハルヱとケイジがディスプレイを縦向けにも設置できるタイプであることから、縦向けにコンテンツを表示できるように改良しています。


                  さらに縦向けのコンテンツを作成するためのテンプレートも用意したり、Flashコンテンツを表示できるようになっています。


                  費用は月額利用料5000円のほか、初期費用が4000円とデジタルサイネージ端末「ハルヱとケイジ」の購入費用がかかる。デジタルサイネージ端末の価格は32インチ型の場合、19万8000円程度だということです。


                  従来よりトータルで安いことは間違いありませんが、ディスプレイを購入しなければいけなかったり、コンテンツの制作費がかかるため、どの程度の企業が興味を示すか微妙なところです。


                  デジタルサイネージは広告の先端を行くように見えるものですが、


                  「いかに購入客を増やすか」という点は従来の広告と同じです。


                  当然費用対効果も考慮に入れなければなりませんが、この部分が悩ましいところです。




                  インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                  ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                  ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                  ・WEB URL:http://shirun.net/

                          

                  <スマートフォン、これからの携帯になるか>人気ブログ|独立起業開業

                  2010.09.05 Sunday

                  0
                    このブログでも何回も取り上げているスマートフォン。


                    iPohoneはその代表としての地位を揺ぎ無いものにしている他、国内外のメーカーはそれに猛追している状況です。


                    そんな中で調査会社のMM総研が、国内の携帯電話の年間販売台数に占める多機能携帯電話(スマートフォン)の割合が、直近の6.1%から、2015年に54.6%に拡大するとの予測を発表しました。


                    総研によると、09年度に217万台だった国内のスマートフォン販売台数は、15年度は10倍近くの2030万台に伸びると予想しています。


                    前述のとおり現在は米アップルの「iPhone」が市場を引っ張っていますが、国内メーカーがワンセグやおサイフケータイなど日本独自の機能付きスマートフォンを出していて、5年で携帯利用者の4割に普及するとみています。


                    スマートフォンの場合は、デザインというよりは機能重視で選ぶ人が多いでしょう。


                    乱暴な解釈であることを承知で言えば、どのメーカーも大きい画面がタッチパネルとなっているのは同じです。


                    差がつくのはその操作感(インターフェース)や処理速度、ソフトの充実度です。


                    日本市場に合わせた機能を付けるのはありがたいですが、より使いやすい商品を送り出して欲しいものです。


                    インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                    ・WEB URL:http://shirun.net/

                            

                    <スーパー、ネット販売強化>人気ブログ|独立起業開業

                    2010.08.25 Wednesday

                    0
                      今さらと思ったのですが、スーパー大手がインターネットで注文を受けた商品を宅配するネットスーパー事業を強化すると発表がありました。


                      イトーヨーカ堂は来春までに実施店をほぼ全店に拡大、2010年度の売上高を09年度比1.5倍の約300億円に引き上げます。


                      マルエツや東急ストアは割引クーポンを発行し、サミットも専用に500品をそろえるなどネットスーパーでのメリットを打ち出しています。


                      ネットスーパーは働く女性や高齢者向けに大手が一斉参入しており、消費回復のペースが鈍る中、猛暑に伴う需要底上げもとらえて一段の浸透を狙うようです。


                      イトーヨーカ堂は10年2月末で118店ある実施店を、11年2月末までに150店(全店舗数は約170)へ広げます。配送エリアなどが重なる店を除くと、ほぼ全店で手掛けることになる計算です。


                      ネットスーパーとネット通販の違いが現在はまだ明確に確立されていないと考えます。


                      ネット通販であれば、普段行けないような場所での特産品も簡単に手に入ります。この環境はすっかり定着しているものです。


                      ネットスーパーはどうでしょう。考えなければいけないのはネットが使えるハードに慣れていない人をターゲットにしなければいけないことです。


                      高齢者の方は最近やっとケータイでの通話に慣れてきましたが、メールやネットは訳が分からないという人はとても多いことを認識しなければなりません。


                      ネットに接続することを意識せず(もちろんセキュリティがあって)、難しい操作なしでチラシにボールペンで○を付けるように注文出来る。


                      そんな感覚で使えるハードとソフトが無ければ普及は難しいでしょう。


                      幸い、今現在これらの条件をクリアできるハードもソフトも存在しています。後はどのようにマーケットに出すか、だけです。


                      そしてネットスーパーは何も大手チェーンだけのものではありません。



                      インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                      ・WEB URL:http://shirun.net/