顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 |フレッド・ライクヘルド

2007.01.12 Friday

0
    顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」
    フレッド・ライクヘルド
    ランダムハウス講談社 刊
    発売日 2006-09-27



    この会社を他人や同僚に勧める可能性はどのくらいありますか 2006-12-27
    「この会社を他人や同僚に勧める可能性はどのくらいありますか」

    会計は、利益がどこから来たかを教えてくれない。

    不正な利益も、コスト削減の利益も、面白くない追加料金から得た利益も、リピータの購買の利益も、サービスのレベルを下げて得た利益も同じ利益として計上される。

    だから、いい仕組みを作らなくてはならない。

    顧客の囲い込みをしたいなら、ぜひ一読あれ。




    さらに詳しい情報はコチラ≫




    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    マーケティングリサーチの論理と技法 |上田 拓治

    2007.01.12 Friday

    0
      マーケティングリサーチの論理と技法マーケティングリサーチの論理と技法
      上田 拓治
      日本評論社 刊
      発売日 2004-09



      インターネット調査の時代には時代錯誤 2006-01-20
      基本書としてはいいと思いますが現在のようなインターネット調査隆盛の時代には時代遅れだと正直感じました。

      最新の調査手法、分析技術を取り入れてくれれば良書になったでしょう。


      さらに詳しい情報はコチラ≫




      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      日経 市場占有率〈2007年版〉 |日経産業新聞

      2007.01.12 Friday

      0
        日経 市場占有率〈2007年版〉日経 市場占有率〈2007年版〉
        日経産業新聞
        日本経済新聞社 刊
        発売日 2006-10



        今回からリニューアルでさらにGOOD 2006-10-23
        過去2年購入してきて、今回の本はびっくりです。

        これまでの紙サイズ「コンパクトで分厚い」が「雑誌タイプで厚みが減少」になりました。

        私個人的には非常に歓迎です。1つの項目に対する紙面が見やすく、若干情報量も増えました。

        特に過去数年分のランキングも同時に掲載してくれることで容易に推移を含めた

        ダイナミックな動きを追いかけることが出来ます。180の品目をカバー。

        詳細は是非購入して読んでいただきたいが、大雑把には国内市場縮小が鮮明で、

        M&Aの波が随所に見られる点、画期的な商品は少なく、マイナーバージョンアップ商品

        でシェアが変動している点が多いのが特徴。次回も期待してます♪


        さらに詳しい情報はコチラ≫




        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/

                

        80対20の法則を覆す ロングテールの法則 |菅谷 義博

        2007.01.06 Saturday

        0
          80対20の法則を覆す ロングテールの法則80対20の法則を覆す ロングテールの法則
          菅谷 義博
          東洋経済新報社 刊
          発売日 2006-02-24




          さらに詳しい情報はコチラ≫


          [PR]


          ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


          ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

          ・WEB URL:http://shirun.net/

                  

          アマゾンのロングテールは、二度笑う 「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略 |鈴木 貴博

          2007.01.06 Saturday

          0
            アマゾンのロングテールは、二度笑う  「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略アマゾンのロングテールは、二度笑う 「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略
            鈴木 貴博
            講談社 刊
            発売日 2006-10-19



            読む人にとっては最高の本 2007-02-11
            ライバルの大手リサイクル書店で発見し、思わず買ってしまいました。

            内容は題名とは余り関係ありませんが、最近の名前だけインパクトがあり、内容が無いような本とは違っています。

            スコーン!

            と、頭を打ち抜いてくれます。



            基本的には経済の疑問に答えてくれる本です。

            何であのライバル企業は・・・

            ウチの業界は今後・・・

            何で儲からないんだ・・・

            テレビや新聞が言っていることは本当なのか?

            FCの本部が言っていることは本当なのか?

            (ウチじゃないですよ。一応)

            今後、売上を伸ばすためには、どんな戦略があるんだ?

            どんな考え方があるんだ?



            そんな事を考えている人には絶対お勧めです。

            特に学歴の無い自営業者や中小企業の経営者・幹部は必読かと。



            実際、自分も苦労している自営業なので、だいぶ納得出来る事が書かれていました。

            そうだったのか!

            すると、自分の業界は・・・

            今後、どの方向に伸ばそうか・・・

            経営で何の数字に気をつければいいのか・・・

            そう思いながら読みました。



            実際、粗利の高い商売をしていますが、なぜが儲からないので疑問を持っていましたが、この本を読んで新たな発見がありました。

            ライバルの大手はやはり偉大でした。

            自分の同業者にも苦戦している人が沢山いますので、是非薦めたい。



            でも、頭の良い人はもう当然知っているのかも・・・


            さらに詳しい情報はコチラ≫


            [PR]


            ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


            ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

            ・WEB URL:http://shirun.net/

                    

            続80対20の法則を覆す ロングテール戦略 |菅谷 義博

            2007.01.06 Saturday

            0
              続80対20の法則を覆す ロングテール戦略続80対20の法則を覆す ロングテール戦略
              菅谷 義博
              東洋経済新報社 刊
              発売日 2007-01-26



              初心者から中級者までいけます 2007-02-07
              会社のWEB担当者なら前作より実際に使える情報が多いと思います。

              前作は全体的な考え方で今回は実務といった感じでしょうか。

              フムフムと思えるところも多く、WEBに限らず、リアルな場面でも使える事柄が多いと思いました。


              さらに詳しい情報はコチラ≫


              [PR]


              ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


              ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

              ・WEB URL:http://shirun.net/

                      

              パーミション・マーケティングの未来―顧客参加型市場の出現 |阪本 啓一

              2007.01.06 Saturday

              0
                パーミション・マーケティングの未来―顧客参加型市場の出現パーミション・マーケティングの未来―顧客参加型市場の出現
                阪本 啓一
                翔泳社 刊
                発売日 2000-11



                結局は独自性をどう出すか 2005-09-30
                パーミションマーケティングも、言葉と概念が一般化していますね(もう古い?)
                ITによりつながりっぱなしの世界は益々加速しているように思います。
                だから、全国で商売ができるのですが。
                反面、アフィリエイトで、知らない人が知らない人に自分の商材を売っていると言う、少し信じられない現象も普通になったことに若干の違和感を感じます。
                まぁ、以前から言われていますが、配信する情報の価値が重要。
                本書にも登場するセス・ゴーディンやトム・ピータズの影響で攻撃的なメッセージを配信する人が増えましたね。
                だから、最近それらが普通に見えます(笑)
                結局、独自性と価値をどれだけ伝えられるのか、ということに尽きるのですが。


                さらに詳しい情報はコチラ≫


                [PR]


                ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                ・WEB URL:http://shirun.net/

                        

                パーミション・マーケティング・セミナー |阪本 啓一

                2007.01.06 Saturday

                0
                  パーミション・マーケティング・セミナーパーミション・マーケティング・セミナー
                  阪本 啓一
                  翔泳社 刊
                  発売日 2000-04



                  今では、インターネット広告やマーケティングの大前提の哲学。 2006-12-23
                  2000年4月の初版の本である。

                  それにしては、今も通用するインターネット時代におけるマーケティングのスタンダードな

                  考え方である。元ヤフー副社長セス・ゴーディンのパーミッションマーケティング理論の解

                  説書、入門者的な位置づけとして読みやすくて平易で面白い。セスの本の翻訳者でありな

                  がら、ユーザー視点に立って、やや客観的批判的な姿勢を失わずに解説し、納得できない

                  (かもしれない)疑問点は疑問点として直接的に、提唱者セスへの次回の質問事項として次

                  の本へ期待をつないでいる。



                  そこら辺の持っていき方もうまい。

                  事例もふんだんに、解説しているので、パーミッションマーケティングの入門として上出

                  来!最初にこの本でよかった。

                   セス・ゴーディンは、そして日本では阪本さんは、今もこのパーミッションマーケティ

                  ングの提唱者であり元気があって活躍しているのだから、ジャンルとしても確立されてい

                  るといっていいでしょう。その後の新刊も読んでみたいと思う。


                  さらに詳しい情報はコチラ≫


                  [PR]


                  ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                  ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                  ・WEB URL:http://shirun.net/

                          

                  図解 実践パーミションマーケティング入門の入門 |阪本 啓一

                  2007.01.06 Saturday

                  0
                    図解 実践パーミションマーケティング入門の入門図解 実践パーミションマーケティング入門の入門
                    阪本 啓一
                    中経出版 刊
                    発売日 2001-07-06


                    ITツールの活用により、従来不可能と思われていた企業対マスのコミュニケーションが可能になった。それに伴い、これらのツールを使ったさまざまなマーケティング手法が次々と提唱されている。
                    本書はYAHOO!副社長のセス・ゴーディンにより提唱された、パーミションマーケティングの基本を、全米で大ベストセラーとなった彼の著書『パーミションマーケティング』の訳者、阪本啓一がわかりやすく図解入りでまとめたものである。
                    本書では、パーミションマーケティングが登場した背景、それ以前のマーケティング理論、パーミションマーケティングの基礎と実践方法、その考え方に基づいたWebサイトの構築方法、Eメールの活用方法などが述べられている。内容は基礎的なものだが、日本の状況に当てはめ、初心者にわかりやすくまとめた点には好感がもてる。付録にはパーミションマーケティングの強力なツール、Eメールの書き方に関する説明も掲載されており、こちらも有用だ。 (大角智美)


                    さらに詳しい情報はコチラ≫


                    [PR]


                    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                    ・WEB URL:http://shirun.net/

                            

                    パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ |セス ゴーディン

                    2007.01.06 Saturday

                    0
                      パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへパーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ
                      セス ゴーディン
                      翔泳社 刊
                      発売日 1999-11



                      ためになった。 2006-06-23
                      6年以上も前の本と知って驚きました。作者は幅広い見識から、多くのマーケティング事例を何が必要なもので、何が必要でないか、真っ向から評価しています。お客との関係を点ではなく、線・面で捉える必要性が理解できました。webについてもマーケティングの中の正しい位置に位置づけた、という感じです。

                      マーケティングの入門にいい本だと思います。


                      さらに詳しい情報はコチラ≫


                      [PR]


                      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                      ・WEB URL:http://shirun.net/