コトラーのマーケティング入門 |フィリップ コトラー /ゲイリー アームストロング /恩蔵 直人

2007.02.12 Monday

0
    コトラーのマーケティング入門コトラーのマーケティング入門
    フィリップ コトラー /ゲイリー アームストロング /恩蔵 直人
    ピアソンエデュケーション 刊
    発売日 2000-04


    本書は、定評のあるコトラーのマーケティング書のなかでも、最も初心者向けの入門書である。マーケティングとは何か、という概念やマーケティングの重要性の説明に始まり、マーケティングの4P、市場の細分化、ポジショニングの話などが豊富な事例とともに紹介されている。
    本書の最大の特長は、翻訳書では版権の関係などで掲載の難しい写真を豊富に使用している点である。実際に使われた企業の広告や製品パッケージ、展示会やショッピングモールなどのカラフルな写真が、原書の雰囲気をうまく伝えている。コダックのレンズ付きフィルムに見られる「機会による細分化」の例や、ギ・ラロッシュの広告に見られる「文化的環境に合わせた」広告表現の例は、本書で述べられている内容をうまく受けており、読者の理解を助けてくれる。
    コトラーのマーケティング書すべてに共通することだが、本書もまた、マーケターが意思決定する際に役立つフレームワークを数多く提供してくれる。それぞれの市場をどう分析するか、市場をどう細分化し、どんな価格、流通手段、プロモーション手段で製品やサービスを伝え、提供するかなどといった話は、多くのマーケターあるいは経営者の欲するところだろう。
    本書はいわゆる「バイブル」的な書であり、それだけに時代が変わっても移りゆくことのない普遍の原理について述べている。翻訳書ということもあり、事例には最先端の内容は望めないが、そのことを差し引いても学ぶ価値のある良書である。すべてのビジネスパーソン、あるいは今後、マーケティングを学ぼうとする人におすすめしたい1冊である。(土井英司)

    やはり最高峰のテキストでした!3年後に読み直しても新たな感激です。 2006-11-10
    ・数年経過しても、古さを感じさせない『コトラーのマーケティング入門』。ミレニアム版が少し読みずらい方には持って来いの一冊です。

    ・用語の解説が左側にあり「ノート感覚」で読み進めます。約7百ページを朝夕6時間ぐらいで読み直しました。すらすら読めるのは本書の「構成の良さ」があればこそです。コトラー先生は顧客主義を主張されているだけに至れり尽くせりな入門書です。

    ・初学者の方にお薦めは「ぱらぱらめくり読み」です。図解が多様されているので、図だけ見ていれば内容が分かります。さらに「目次」をさらりと見れば、本全体の内容も推測されます。

    ・コトラーらしく、少しお値段が張る、少し重たい本ですが、価値は数倍の本書です。


    さらに詳しい情報はコチラ≫




    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

    トラックバック
    この記事のトラックバックURL