<スマホの3軸センサーで各地の地震の揺れを測定・収集、ウェザーニューズが会員向けアプリにて>人気ブログ|起業集客支援

2015.06.14 Sunday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

    地震、火山の話題が多い最近、スマホを使った情報収集アプリが出ました。


    株式会社ウェザーニューズは11日、ユーザーのスマートフォンの3軸センサーを使い、各地の地震の揺れを測定・収集する観測インフラを構築したと発表しました。


    これは有料の会員制サービス「地震津波の会」のiOS/Androidアプリで揺れの測定機能をオンにしておくと、緊急地震速報の通知と同時に測定を開始します。揺れを検知した場所、時間、揺れの強さがウェザーニューズに送信され、集まったデータがアプリ内で公開されますので一種のSNSでしょうか。


    会員が揺れの体感を報告する機能も追加。揺れの強さを「すさまじい」「激しい」「強い」「弱い」「揺れたかも」「感じず」から、揺れ方を「ドンッ」「ユラユラ」「ガタガタ」「その他」からそれぞれ選んで送信してもらうことで、機械による観測では表現しきれない揺れの特徴を把握するというものです。


    5月30日夜に関東で発生した震度5強の地震の際も試験運用を行っており、全国約2000人から体感報告が届いたといいます。その報告をマッピングして震度情報と比較したところ、強い相関が見られたとしており、「人間の感覚は地震に対しても有効な高感度センサーであることが分かった」としています。


    是非無料で誰でも利用出来るようにしてより細かな情報が集められるようになることを期待します。


     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/