<iPhoneの純正イヤホンを使って通話の着信を拒否するテクニック>人気ブログ|起業集客支援

2015.04.05 Sunday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    iPhoneを購入すると付属してくる純正イヤホン「EarPods」には、コントローラとマイクが備わっており意外と多機能です。音楽を再生したり、ハンズフリーで通話ができるのは有名な機能と言えるでしょう。


    しかも形状が絶妙で長時間使用しても耳が痛くなりません。


    しかしイヤホンを使用中、電話に出たくない相手から着信があった場合は困りものです。ずっと着信音を鳴らしっぱなしにするのは耳障りだし、ぶつ切りすると相手に失礼な印象を与えてしまいます。電話を切るためにiPhoneを取り出すのも煩わしいでしょう。


    そこでEarPodsの出番です。実はiPhoneを使わずとも、イヤホンのコントローラで着信を拒否できるのです。イヤホンを使用中に電話がかかってきたら、センターボタンを約2秒間長押しして離せばよいのです。低いビープ音が2回鳴ると、通話を拒否したことが確認され、相手には電話に出られないことが自動音声でアナウンスされます。


    またキャッチホンが入ったときも、イヤホンで割込通話を操作できて便利です。現在の通話を保留にして、かかってきた電話や保留中の電話に切り替えるときは、センターボタンを1回押す。最初の電話に戻りたいときは、もう一度センターボタンを押せばよいのです。


    もし現在の通話を完全に切って、かかってきた電話や保留中の電話に切り替えたいときは、センターボタンを2秒ほど押してから離せばOKです。低いビープ音が2回鳴り、最初の通話を終了したことが確認できます。



    数年前までは、街中で電話を耳に当てずイヤホンをしたままで話していると、変な目で見られることがあったものです。しかしiPhoneとEarPodsが以前より広まったことで、イヤホンでのハンズフリー通話は当たり前の光景となりつつあります。



    もしかしたらさらに数年後は、誰もが音声アシスタントとイヤホンで会話しながら街を歩くようになるかもしれない。現在のEarPodsでも、着信がない状態でセンターボタンを長押しするとSiriが起動するので、ぜひ試してみてください。



    反面、EarPodsの機能を全て使いこなしている人はどのくらいいるのでしょうか。


    少々気になります。


     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/