<買ったばかりのiPhone 6、落としたくない……5人に1人が過去に損傷経験>人気ブログ|起業集客支援

2014.10.01 Wednesday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    9月19日に発売されたiPhone 6とiPhone 6 Plusですが、すでに乗り換え済みという人も多いでしょう。街中でも使っている人を見かけるようになりました。


    一方で「落としてしまった」「割ってしまった」という人も出てきています。日本ではありませんが、買ったばかりでインタビューに答えようとして落としてしまった「世界最速でiPhone6を落とした人」もいました。


    スマートフォン用保護ケースを提供するオッターボックスは25日、「iPhoneの落下・破損経験」に関する調査結果を発表しています。この調査は、20代〜50代のiPhoneユーザーの国内男女455人を対象にしたもので、調査期間は9月12日〜15日です。


    まず「iPhone 6/iPhone 6 Plusの発売が発表されたばかりですが、あなたはすぐに買いますか」と質問したところ、「発売半年以内くらいまでに買う」が155人で全体の34%となりました。さらに「あなたはご自分のiPhoneを落として損傷したことがありますか」と聞いたところ、19.4%が過去にiPhoneを「落として損傷したことがある」、49.7%が「損傷はしていないが、落としてヒヤっとしたことはある」ことが判明しました。


     ちなみに、同様の質問を「しばらく様子を見る/買わない」と決めている300人(全体の66%)に聞いたところ、過去にiPhoneを「落として損傷したことがある」と回答したのはわずか6.7%に留まった。同様の傾向は会社支給のスマートフォン、携帯電話やPHSについても確認されたということです。


    次に、発売半年以内くらいまでに買うと回答した155人に対して、「心配なことがあるとすれば、それはどのようなことですか」と質問したところ、「バッテリーの持ち(持続性)」が49.7%でトップ。以下「キズがつく」46.5%、「ガラス面が割れる」42.6%、「故障や不具合が発生する」37.4%、「落下する」36.1%など、落下・損傷に関する事項が多く挙げられました。


    全対象者455人にスマートフォンに関する行動や考え方を聞いたところ、「スマートフォンなしには自分の生活は成り立たないと思う」という項目については「とてもそう思う/そう思う」と回答した人は46.8%。また、「自分のスマートフォンを損傷させないように気を付けている」という項目についても「とてもそう思う/そう思う」と回答した人は61.5%となっています。


    スマートフォンに落下や損傷の不安は付き物。そういうときに心強いのが、万が一のトラブルを回避できる可能性がある、保護ケースや画面保護フィルタといったアクセサリー類です。


    今もiPhone6やiPhone6Plusを予約して手元に来るまでにカバーや保護フィルムを先に購入して待っている人も多いでしょう。


    保護はもちろん個性を主張するにも役に立つカバーやフィルム、これからもたくさん出てくるでしょう。期待しましょう。


     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/