<iOS 8で手書き日本語入力が可能に--MetaMoji、「mazec for iOS」を提供開始>人気ブログ|起業集客支援

2014.09.25 Thursday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    iOS8になったからの変更点にサードパーティの文字入力アプリが使えるようになってことがあります。


    そのなかの1社、MetaMoJiは9月18日、手書き日本語変換入力「mazec for iOS」の提供を開始しました。


    価格は900円で、9月末までキャンペーンとして700円で提供しています。iOS 8が動作するすべてのiPhone、iPod touch、iPadで利用可能です。


    mazec for iOSは、手書き入力で直感的に入力できるのが特長です。読めない難しい漢字の入力や、フリック入力やローマ字入力に抵抗がある人も、従来のキーボードに代わる入力手段になるのはありがたいです。


    手書き入力のうれしいところは読めなくても直接手書きで入力出来るので変換を延々としなくても済むところです。


    iPhoneなら、片手で持ったまま親指で文字が書けるよう最適化されているところも特長です。


    一定のスペースまで来ると自動でスクロールされるようになっており、その速度もあらかじめ設定で選べるようになっています。


    もちろん、スタイラスペンを使えばよりスムーズに書けます。


    もう一つの特長は交ぜ書き変換入力で、「かいぎ」「会ギ」などどのように書いても「会議」に変換できます。画数が多い漢字や思い出せない漢字はひらがなで書くことでスムーズに入力できますし、急いで書くときも便利です。


    単語登録ほか「字形登録」も行えます。例えば、スマイリーマークを書くと顔文字に変換するなど、独特の書き方や略字でも、目的の文字を入力できるようになります。


    手書き日本語変換入力「mazec」は、これまでアプリ内の手書き変換アドオンとして提供されており、その認識精度には定評があします。mazec for iOSは、個別の独立したアプリとしてApp Store上で提供されます。なお、MetaMoji Note/Shareで提供している手書き変換アドオンは、それぞれのアプリと連携したアドオンとして販売を継続します。また、法人向けの「mazec for biz」は年内に提供する予定です。


    iOSではこれまで、制限によりApple以外がIMEを提供できなかった経緯があります。しかしiOS 8からサードパーティ製アプリのキーボードがサポートされることから、MetaMoJiもいち早く開発を表明していました。


    特にiPadで使うと便利そうで期待度が高まります。
     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/