<パソコンのOSは何時入れ替える?>人気ブログ|起業集客支援

2012.09.05 Wednesday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     今お使いのパソコンのOSは、何ですか?



    Windows7、XP、MacOS、Windows2000、それ以外もあるでしょうか、調子は如何でしょうか。



    NetMarketShareの調査によると、デスクトップPCのOSとして長らくシェア首位だったWindows XPをWindows 7が抜いてトップになったという調査結果が発表されました。



    Windows 7が市販されたのは2009年10月のことなので、トップ入れ替わりまで約3年かかったということになります。



    調査は2012年1月の段階でシェア推移を比較しましたが、XPの衰え方はこの時から特に加速もしておらず、非常に緩やかでした。



    理由としては、Windows7の前OSだったVistaが思いのほかシェアを伸ばせなかったことにより、WindowsXPを継続して使用していたユーザーが多かったことが考えられます。



    現在もXPから7への移行も穏やかで、おそらく2012年中になくなるなどということはなく、今後も細く長く生き残っていくことになりそうです。



    それだけXPユーザー、これは個人だけではなく企業も含めXPの浸透度が高く環境もXPに合わせて出来上がってしまったため、簡単に移行出来なかったことが影響しています。



    その後、MicrosoftがXPのサポートを終了することをアナウンスしたり、積極的に7への移行を推進したため、その効果が表れてきているとも言えます。



    ちなみに、調査会社が変わると内容も変わるもので、StatCounterの調べでは2011年10月の段階でWindows 7がトップになっていました。



    今年の末には7の後継OS、Windows8がリリースされる予定です。



    Windows8は今までのWindowsと違い、ハードのスペックはWindows7が稼働しているマシンなら動産に問題ないこと、価格も今までに比較するとリーズナブルであることなど、戦略を変えているようにも見えます。



    OSを入れ替える動機として、新しいもの好き、ハードあるいはソフトが故障や破損で継続して使用出来なくなった、周りの環境で変えざる得ないなど様々だと思います。



    パソコンを道具として使う人は、あまりOSにこだわらず使えればいいと思っている人がほとんどでしょう。



    今後、Windows8とWindows7のシェアが入れ替わるのかは、もう少し時間が経過しないとわかりません。



    いずれにしても、使いやすく快適な環境を提供してもらえることを期待しています。

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/