<米シマンテック、ソースコード流出 ウイルス対策ソフト >人気ブログ|起業集客支援

2012.01.18 Wednesday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     ウイルス対策に対してちょっと心配なお話です。



    ウイルス対策ソフト大手の米シマンテック社は1月18日、ウイルス対策ソフトなどの設計図にあたる「ソースコード」が何者かによってアクセスされ、盗まれていたと発表しました。



    PCを遠隔操作するソフトで、通信を傍受される危険が増した可能性があるということです。


    盗まれたのは、看板商品のウイルス対策ソフト「ノートンインターネットセキュリティー」、「アンチウイルスコーポレートエディション」の2006年版と、PCを遠隔操作するための「PCエニウェア」などの一部です。



    同社によりますと、PCエニウェア以外は、最新の製品を使っていれば、導入されたPCがサイバー攻撃にさらされる危険は小さいということですので一安心です。



    PCエニウェアは、PCを乗っ取られるなど、通信傍受などの危険性が増した可能性があるといいます。同社は、2006年に盗まれたソースコードが最近、公開されたことから、被害状況を調査していました。



    何年も前のウイルス対策ソフトをそのまま使い続けることは大変危険です。



    最新のウイルス対策ソフトを導入して自分の情報を守りましょう。


    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/