<そろそろ新モデル発売。パソコン2012年春モデル登場>人気ブログ|起業集客支援

2012.05.09 Wednesday

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    JUGEMテーマ:日記・一般

     パソコンを買おうと思うと、どのタイミングで買えば良いのか迷いませんか?



    完全に壊れてしまって買い替えなければならない時以外の場合、例えばまだ問題なく動いているけどそろそろ新しいモノが欲しいなと思ったとき色々なメーカーのカタログやWebで検討したりしているでしょう。



    新機能で選ぶか、価格で選ぶか、その基準は様々です。



    そんな中、新商品を基準で選ぶ人はそろそろ情報収集を始めたほうがよいかもしれません。



    まず、あるメーカーが5月中旬からデスクトップ、ノート共に新モデルを発表しました。



    その内容はHDDの大容量化。1TBが最大だったものが2TBが標準になりました。



    テレビ機能を持っているものはテレビが見られるまでスイッチをいれてから2秒という短時間で見られるようになったことなどをトピックとして挙げています。



    また、スマートフォンとの連携も特徴の一つです。ただこれは全てのスマホと可能かどうかは微妙で、連携の出来る機種かどうかを確認する必要はあるようです。



    このような発表内容を見ると新モデルを企画するのはこの時期大変だなと思ってしまいます。



    OSはWindows8が出る前だし、CPUも大きな変化はない。他者や従来モデルと差をつけるには独自の機能や特徴を打ち出さなければならないからです。



    反対にここで独自性を際立たせたモデルを発売出来れば強い武器になるでしょう。



    大体半年ごとのモデルチェンジ。是非市場を活性化してください。



     

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <ネット動物園開演>人気ブログ|起業集客支援

    2011.08.27 Saturday

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

       既存のビジネスにITを組み合わせて新しい市場を開拓することはビジネスモデルとして最早一般的になりました。



      そのような中でも非常に興味を引くものがありましたのでご紹介します。



      長野県須坂市、須高ケーブルテレビとテクノロジーネットワークスが、インターネット上で楽しめるブロードバンド動物園コンテンツ「みんなのデジタルアニマルパーク」を2011年9月1日にオープンすると発表しました。



      須坂市動物園はインターネット上で見られる動物園として「デジタルアニマルパーク」を2005年3月にスタートしていました。



      十数台のWeb動画カメラでライブ映像を配信するバーチャル動物園で、これまではケーブルテレビ加入者に限定して閲覧できていました。



      今回発表のあったみんなのデジタルアニマルパークは、これをリニューアルするものでオープンサイトとし、誰にでも閲覧できようになったことが最大のニュースです。



      動物の魅力や生の映像・音声を全国にリアルタイムで伝えていくといいますから楽しみです。



      「アカカンガルーとベンガルトラ」など20種類のリアルな動物の様子を観察できる全国初の「動物園バーチャルコンテンツサイト」となります。また、Twitterやmixiを通した利用者同士の交流の場も提供するということですからそこからコミュニケーションの輪が全国に広がります。



      24時間のライブ中継ですから、夜の動物たちの様子も見られるのでしょう。明るさの問題など気になるところはありますが、個人的には夜行性の動物の様子を是非見てみたいです。



      みんなのデジタルアニマルパークでは、実際に全国各地から須坂市動物園に行きたくなるようなコンテンツを最新のソリューションで提供していく計画です。



      そして、須坂市動物園の来園者数の増加や地域住民の交流、地域活性化に貢献することを目指します。



      地域に密着した施設や産業を地元だけでなく全国から集客するこの試みはとても面白いです。



      9月1日になったら是非このサイトを見に行こうと思います。

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      <クーポン共同購入市場が初の縮小>人気ブログ|独立起業開業

      2011.02.12 Saturday

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般

         インターネットサイトでの普及により拡大していたクーポン共同購入の国内売上高が1月、前月比で減少に転じました。



        共同購入サイトを運営するルクサ(東京・渋谷)の調査によりますと、主要サイトの月間売上高は計17億円と12月に比べ約3割減少したそうです。



        ルクサが集計を始めた昨年4月以降、同市場は拡大が続いていましたが、年始に大手グルーポン・ジャパン(東京・渋谷)のおせち問題が表面化したことで客離れが起きたようです。



        市場規模は国内の主要190サイトについて、各社が提供する過去の販売実績を基にルクサが毎月算出しています。




        2010年4〜12月は前月比で1.5〜2.3倍程度の伸びが続いていたが、1月は急落しました。



        グルーポン・ジャパンは売上高を公表していませんが、業界の推計によると国内市場で半分近くのシェアを握っているようです。



        例のおせち騒動で同社の1月の売り上げは前月比で2ケタの減少となったもようです。



        販売に限らず、あらゆる仕事は信頼の上に成り立っているということを改めて感じた統計でした。






         

        インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/

                

        <クーポン共同購入サイトについて考える>人気ブログ|独立起業開業

        2011.02.03 Thursday

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

           クーポン共同購入サイトが急成長中です。



          それに伴い、いくつか弊害が報告されています。



          クーポン共同購入サイトはその商品がほしいユーザーが決められた数量を共同でクーポンという形で購入し、通常よりもはるかに安い金額で購入することが可能となり同時に販売サイドにとっては通常設定販売価格が高いものをトライアルの意味でも購入してもらえるメリットがあります。



          ただしこのビジネスは限られた数量が完売すれば終了とならなくてはなりません。



          ところが、数量を稼ごうとした結果クオリティが下がって購入者からクレームが出るケースがありました。



          せっかく新しいビジネスが成長しそうなときにこのようなことが多く頻発するとユーザーは不信感を持ち、結果ビジネスが成長出来ず衰退してしまいます。



          誰でも容易に入手できるようなものなら共同クーポンに出品する意味がありません。



          数多くの共同購入サイトが存在しますが、どうかクオリティを下げないようにしっかりユーザーに信頼感を持ってもらう努力が必要です。



          インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

          ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


          ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

          ・WEB URL:http://shirun.net/

                  

          <ホームページの売り逃し>人気ブログ|独立起業開業

          2011.01.18 Tuesday

          0
            JUGEMテーマ:日記・一般

             昨日あるバラエティ番組であるステーキハウスチェーンが紹介されました。


            店舗にかけるコストを1/10にしてその分価格や食べ放題などのサービスに特化していることを紹介されていました。

            私も近くでそのチェーンを見かけた覚えがあったので早速インターネットで調べてみようとパソコンで検索しました。


            ところが、肝心のホームページが開きません。


            同じように考えた人がホームページに殺到し、アクセス過多となってしまったようです。


            おそらく想定した以上の閲覧者が来たせいでサーバーがオーバーロードしてしまったのでしょう。


            番組が終わればアクセス出来るようになるかと思いアクセスしましたが、結局その日はアクセスすることが出来ませんでした。


            翌日、昼間と先ほどアクセスしました。


            昼間何とかアクセス出来るようになりましたがまだページによっては繋がらなかったりしていましたが、今これを書きながらアクセスしましたが、昨日と同じように繋がりません。


            この場合、飲食店なのでホームページのアクセスが直接売上に関係することはありませんが、それでも自分の家の近くで探そうと思った人が調べられなかったり、このチェーン店のことをもっと知りたいと思った人がアクセス出来なかったことは売り逃しと同じです。

             

            テレビを見てこのお店に行きたいと思ったけど場所が分からないという人はかなりの数でしたでしょう。


            このチェーンは昨日テレビに取り上げられることは事前に知っていたはずです。

             

            それなのにサーバーの容量を増やすなどの対策を取らなかったのでしょうか、アクセス集中のため、数多くの人が情報を得ることが出来ませんでした。


            もったいないな、と思ってしまいます。



            インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

            ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


            ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

            ・WEB URL:http://shirun.net/

                    

            <花粉症の人に朗報 花粉量を携帯でチェック ドコモ、基地局にセンサー>人気ブログ|独立起業開業

            2011.01.14 Friday

            0

               NTTドコモは、全国の携帯電話基地局2500カ所に設置した花粉センサーで測った花粉の飛散状況が携帯電話で見られるサイト「ドコモ花粉ライブ」を、14日に開設しました。


              知りたい地域の飛散量を「ほとんど無し」から「極めて多い」の6段階で示し、飛散量の都道府県単位の全国ランキングも掲載します。


              データ通信料だけで閲覧できるということです。


              企業や行政に情報提供するサービスのため、2009年秋からセンサーを設置してきました。


              飛散量が少ない沖縄を除く全国を網羅したため、一般向けサービスとして試験的に始めるということです。


              今後数年で設置を9千カ所に広げ、精度も上げて行く予定ということです。
               

              基地局を使った気象サービスではKDDIも昨年、「ウェザーニューズ」と提携しました。


              3千カ所の観測装置を元に天候や気温情報を配信するサービスを始めており、花粉情報の扱いも検討しています。




              インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

              ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


              ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

              ・WEB URL:http://shirun.net/

                      

              <携帯3社、多機能機種の人気で明暗>人気ブログ|独立起業開業

              2010.07.29 Thursday

              0
                携帯電話大手3社の10年4〜6月期連結決算が29日、出そろいました。


                各社新機種や料金プランで顧客を増やそうとしていますが、日本の市場はもはやパイの取り合いな状態で売上を伸ばすのはたやすくない状態がしばらく続いています。


                そんな中ソフトバンクは、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比44.6%増の1566億円と四半期ベースの過去最高を記録しました。


                お察しのとおり国内で独占販売する米アップルの多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」のヒットが業績を押し上げた形となっています。


                反面NTTドコモとKDDI(au)は営業利益、最終(当期)利益とも減少しました。


                これは多機能携帯電話=スマートフォンの人気が明暗を分けた形となったと分析されています。


                ドコモもauもスマートフォンはリリースしていますが、iPhoneを追随ずるところまでには行っていません。


                しかもソフトバンクは、6月に新機種を発売したアイフォーンのほか、同じアップルの多機能情報端末「iPad(アイパッド)」の効果で、携帯メールやホームページ閲覧などのデータ通信収入が伸びているというケイタイキャリアにとっては理想ともいえる状態です。


                売上高も7008億円と5.2%増えました。


                ただ最終利益は、子会社のヤフーが別のソフトバンク子会社の買収に絡んで国税当局から追徴課税を受けた影響で、29.0%減の194億円となっています。


                孫正義社長は同日の記者会見で「業績は順調だ。国税当局の指摘は納得できず、納付した税金は戻ってくると思っている」と強調しましたがケイタイキャリア単体でみれば売上トップは誰もが認めるところです。


                ドコモとKDDIは、通話収入の減少をデータ通信収入の伸びで補えなかったことが響き、営業利益はそれぞれ4.5%減の2405億円、8.8%減の1292億円だった。売上高は微増にとどまりました。


                このような結果から見ても携帯電話はその本来の機能である通話よりも、メールやインターネットを含むデータ通信の性能でユーザーが商品を選んでいることが分かります。


                NTTドコモ、auともスマートフォンに力を入れることを公言していますが、現状目立つのはドコモのエクスペリアのみと言っても良く、それもiPhoneを後ろから追っていてその距離が広がるばかりの状況です。


                この2社がソフトバンクに追いつくためにはサービスも含めた魅力的な商品戦略が必須です。


                このままソフトバンクの独走を2社が指をくわえて見ているだけのわけがありませんから今後の展開に注目です。


                img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/052/1871795/20101017_710358.gif" width="16" height="17" alt="インターネットマーケティング「SEM」"/>「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                ・WEB URL:http://shirun.net/

                        

                <Google携帯、日本の発売は?>人気ブログ|独立起業開業

                2010.01.14 Thursday

                0
                  Googleがリリースした新型携帯Nexus One、通称Google携帯のお話です。


                  まだ日本では発売されていませんのでそれほどではありませんが、すでに導入されているi Phone同様画面にタッチして操作するタイプのいわゆるスマートフォンです。


                  写真で外見を見る限りではi Phoneのように大きな画面があるだけのように見えます。


                  様々なアプリケーションをインストールして自分の使いやすいようにカスタマイズできる点も同じです。


                  要するに電話の出来るパソコンですね。


                  アメリカでは注文した翌日に宅配で手元に届くと言う充実ぶりでGoogleの力の入れ方を感じます。


                  それでは、このNexus Oneは日本ではどのキャリアから発売されるのでしょうか。


                  現在のところどのキャリアからも公式なコメントは出ていません。


                  それほど時間を置かずにいずれかのキャリアが発表するでしょう。


                  それまではもうちょっと待たなければなりません。


                  望むのはどのキャリアでも入手出来るようになることですが、はたしてどうなるか。


                  i Phoneの場合は日本で使いたければソフトバンクに入らなければなりませんが、Nexus Oneがその垣根を取り払うことが出来れば日本での販売を大きく伸ばせる可能性があります。


                  インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                  ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                  ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                  ・WEB URL:http://shirun.net/

                          

                  <トヨタ、部品調達コスト3年で3割減 全車種で設計抜本見直し>人気ブログ|独立起業開業

                  2009.12.22 Tuesday

                  0
                    史上最悪の不景気から数カ月経過し、企業の努力ですこしづつ回復しているように見えますが、まだ出口の見えない状態のまま、今年も残り少なくなってきました。


                    そんな中でトヨタ自動車は部品調達コストを現行の購入価格に比べ、3年間かけて3割削減すると発表しました。


                    これにより取引先の部品メーカーなどに実質的な値下げを要請をしたということです。


                    ただし、現在生産している自動車に適用されるのではなく、


                    2013年以降に投入するすべての新型車を対象に、素材や部品の仕様、設計などを全面的に見直す考えです。


                    ということは、マイナーチェンジで適用するより、フルモデルチェンジする車種でコストダウンを図るということですね。


                    トヨタは早期の赤字脱出に向け10年3月期も緊急的な原価改善に取り組むことを明らかにしていますが、中期的にもコスト削減を上積みし、新興国市場に強い独フォルクスワーゲンなどに対抗する姿勢です。


                    対象車種は「クラウン」など高級車から小型車の「ヴィッツ」まで全車種が対象となります。


                    エンジンをはじめとする駆動部品、ボディーやシャーシー(車台)ごとにコストを洗い直し、安価な素材への切り替えを進める考えです。


                    対象になる部品は200点程度になるもようだということです。


                    原価を下げて利益幅を拡大することは、何もわるいことではありません。むしろビジネス戦略としては正しい方法です。


                    願わくば、2013年からの新型車が前のモデルに比較して「ああ、やっぱりコストダウンしているな」とユーザーに思われないような巧みなコストダウンを期待します。


                    特に乗り心地や目に入る部分でそれを感じない製品を生み出してほしいです。


                    それこそ、ここが腕のみせどころです。



                    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                    ・WEB URL:http://shirun.net/

                            

                    <凸版印刷が店頭販促マシン発表>人気ブログ|独立起業開業

                    2009.09.29 Tuesday

                    0
                      凸版印刷と聞くと、多くの人はその名前から印刷物の会社と思うでしょうが、実は印刷以外にも様々な分野で活躍しています。


                      今回はサンプル配布や商品陳列棚、デジタルサイネージなどの機能を持つ店頭向け機器「プロモーションマシーン」を活用した店頭プロモーション支援サービスを開始すると発表しました。


                      対象として食品メーカーなどを中心に営業して、今後1年間で5億円の売り上げを目指すという計画です。

                      このプロモーションマシーンとは2つの液晶モニターを持っていて一方は、商品サンプルを活用したプロモーションに利用するためのものです。


                      利用者はキャンペーンなどで取得したQRコードや、非接触型ICカードの「FeliCa」(フェリカ)を読み込ませると機器から出てくる商品サンプルを受け取れる仕組み。


                      その商品サンプルを機器のカメラにかざすと、モニターに自分自身の姿とともに、かざした商品の詳細な情報や、関連したコンテンツなどを表示できるというものです。


                      もう一つのモノターは、棚に陳列した商品に関連した動画などを表示して訴求するためのモニターで例えば、商品を使った料理の動画などを表示して、購入を促進できます。


                      凸版印刷は、機器の設置と運用開始を10月中旬ごろと予定しており、2010年3月までに50台の設置を目指し、大手スーパーなどと設置の交渉をしていくということです。機器本体、および設置費用などは同社が負担します。


                      プロモーションマシンの利用料金は、1店舗で1商品の商品サンプルを配布する場合は1週間で25万円から。同じく1店舗で1商品を1週間陳列する場合は、デジタルサイネージでの広告配信がセットで25万円から。ただし、広告動画などの制作を依頼する場合、別途費用が発生します。


                      プロモーションマシンを使って販促活動をしようとする企業にとってこの金額は高いのか安いのか。


                      仮に店舗の営業時間が10:00〜21:00とすると11時間稼動ですから、


                      (商品サンプル配布25万+商品陳列デジタルサイネージ25万)÷7日間÷11時間 =1時間あたり約6,494円


                      となります。


                      これには、利用企業が提供するサンプルの経費は含まれていませんので実際はもうちょっと上乗せした金額となります。


                      人を使った店頭販促活動(試食・試飲など)が直接の比較対象となるでしょうが、どちらが効果があるかは実施されないと分かりません。




                      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                      ・WEB URL:http://shirun.net/