<日本マイクロソフト、「Windows PC自動節電プログラム」を無償提供>人気ブログ|独立起業開業

2011.05.11 Wednesday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般



     夏に向けて電力不足が心配されているいま、日本マイクロソフトは、財団法人電力中央研究所の協力の下、Windows PCの消費電力を検証し、検証結果と節電効果を公開した。この結果をもとに、Windowsで複数の節電設定を一括で行う「Windows PC自動節電プログラム」を、同社サイトの特設ページ「Windows PC節電策」で無償で提供しています。



    これは検証の結果、最新のWindows PCは5年前の製品と比較して平均約53%の節電効果があり、ノートPCはデスクトップPCに比べて平均約66%の節電効果があることがわかりました。



    PCの電力はOS起動時に多く消費され、スリープ状態からの復帰と比較して3倍以上を消費するといいます。



    また、電源オフ時の待機電力とスリープ時の待機電力の差は約0.5Wしかないので、1時間45分以内にPCを再度使用するならスリープ(Windows XPではスタンバイ)にすることを推奨しています。


    最も有効な節電対策は、ディスプレイの輝度調整。画面の明るさを100%から40%に変更することで、平均23%の電力を削減できるということです。



    この無償で利用できる「Windows PC自動節電プログラム」は、Windows 7/Windows Vista/Windows XPに対応しています。



    プログラムをインストールすると、AC電源接続時の電源プランを「画面の明るさ」を40%、不使用時の「ディスプレイを暗くする」までの時間を2分、不使用時の「ディスプレイの電源を切る」までの時間を5分、不使用時の「コンピューターをスリープ状態にする」までの時間を15分に自動設定します。



    さらに日本マイクロソフトは、5月10日〜8月10日、一般ユーザー向けに節電設定に関する無償電話サポートを行う。サポート窓口では、「Windows PC自動節電プログラム」のインストール方法や設定の復元方法、OSから設定する項目に関する一般的な質問を受け付ける。電話番号は0120-37-0196(音声ガイダンスに従い6#をプッシュ)で、受付時間は月〜金曜日の9時30分〜12時/13時〜19時(土日祝日および指定休業日を除く)。



    この「節電仕様」にはコントロールパネルから設定することも可能です。



    ちなみにこのプログラムはウインドウズアップデートからは提供されていません。



    適用したい方は


    http://support.microsoft.com/kb/2545427/ja


    を参照してください。






    インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <日本マイクロソフト、放射線データ提供サイトをAzureで構築>人気ブログ|独立起業開業

    2011.03.22 Tuesday

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

       現在の日本において気になる放射線。



      あまり気にするのも良くないですが、今現在自分のいる場所はどのくらいの放射線量なのか知りたいという方も多いでしょう。



      日本マイクロソフトは2011年3月22日、文部科学省のウェブサイトにある「全国の放射線モニタリング状況」のサイト構築を支援したことを明らかにしました。



      同社のクラウドサービス「Windows Azure Platform」を活用し、3月19日から新サイトでの情報提供を開始しました。



      東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、文部科学省はウェブサイトで放射線のデータを全国47都道府県別に開示しています。



      1時間ごとの環境放射能水準測定値(マイクロシーベルト毎時)を時系列でグラフ化し、1日2回更新します。



      グラフの下部には上水(水道の蛇口)に含まれる放射性ヨウ素・放射性セシウム量も1日1回調査して掲載しています。



      従来は担当者が表計算ソフトなどを使ってグラフを作成していたため、頻繁なデータ更新が難しいものでした。



      18日までに文部科学省の依頼を受けた日本マイクロソフトの技術者が、この作業を自動化して簡単にグラフ化できる仕組みを1日で構築し、19日から利用を開始しました。



      依頼お受けてからわずか1日で利用出来るようになるなんて、今の状況にはとてもありがたいことです。



      今後文部科学省がさらに多くのデータを開示することになった場合は、随時機能を追加するということですから場合によってはより細かい情報が開示されるかもしれません。



      これら一連の仕組みは文部科学省のウェブサーバー本体とは別の、日本マイクロソフトが管理するサーバー(windows.netドメイン)上で動作しており、アクセスが集中した場合でも負荷に耐えやすいというのもありがたいです。



      当然被災地付近では是非知りたい情報ですし、離れていたとしても気になります。



      日本マイクロソフトは、文部科学省と同様に速やかな情報提供やウェブサイトの負荷軽減を望む地方自治体や企業・団体などに対する支援体制を用意しており、同社への問い合わせを呼び掛けているということです。






      インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      <写真は右側?左側?>人気ブログ|独立起業開業

      2011.02.09 Wednesday

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般

         ちょっと気づいたことがありました。



        Windows7のWeb画面は最初に開いたものは最大化で固定すれば最大化されたサイズで何度も開くことができます。



        しかし、次のWindowが開くと結構小さ目に開きます。



        Windows7は仕様なのか、別のWindowで開いたWeb画面は大きさを変更して閉じてももう一度開くと再び元の大きさに戻ってしまいます。



        私のパソコンも例外ではなく2つめの画面は小さいままです。



        このとき画面を見てふと気づきました。



        初回の画面は左側を基準に表示されます。



        ということは、一番伝えたいことを左側に載せたほうが見てくれるチャンスは増えるということです。



        これは、文章でも写真や絵・図でも同様です。



        ホームページを構成するとき、左側に自分の伝えたいことを持って行くか、アドワーズなどの広告を持ってゆくか作り手次第です。



        そして伝えたいことを文字で伝えるか、それ以外のもので伝えるかも腕の見せ所です。



        インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/

                

        <パソコンを使って>人気ブログ|独立起業開業

        2010.12.07 Tuesday

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

           新しいパソコンを使い出してから3週間くらい経過しました。


          新しいOS、それに伴う新しいインターフェース。正直今日まで完全に馴染んだとは言えません。


          同じマクロソフトのWindowsですが、XPと7での違いが大きいのです。


          Vistaと7とは操作上の違いは大きくないようなのですが、やはり長年使っていたXPとは違います。


          ただ、使い勝手は明らかに良いです。立ち上がりも早くなりましたしレスポンスもよくなりました。


          前のXPマシンはスイッチを入れてから、お湯を沸かしてコーヒーを入れて席についてもまだ使える状態になりませんでしたから仕事の効率は明らかに上がりました。


          時間の余裕がなくてWindows7の機能を勉強出来ないのですが、もっと仕事の効率を上げるために早いうちにその時間を作ります。




          インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

          ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


          ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

          ・WEB URL:http://shirun.net/

                  

          <自分のホームページからプラグインを削除するには>人気ブログ|独立起業開業

          2010.09.04 Saturday

          0
            ホームページを見ていると、時々小さなウインドウが開いてクイックタイムと関連付けるか聞いてきます。


            これは、ホームページ内に音楽(音)や動画を組み込んでいると見られるものです。


            特に閲覧者の端末に悪影響を及ぼすものではありませんが、あまり詳しくない人は何か悪いことが起こる警告と思ってしまい、そのページそのものを閉じてしまうこともあります。


            ある日知り合いがホームページを作ったときに、メニューバーを押すとそれぞれ違う音が出るようにMIDを組み込みました。


            そしてサーバーにアップしてからそのページを確認すると、前述のように関連付けを聞いてくるメッセージが表示されるようになってしまいました。


            「今後このメッセージを表示しない」にチェックを入れればいいのですが、初めてホームページを見た人がそのメッセージを見たら次は見てくれなくなると考え、その設定を削除しました。


            ところが、削除しても変わらずメッセージが出てしまいます。


            コードを調べてもそれらしいものはありませんし、何が影響しているのかどうしてもわかりませんでした。


            この人はホームページをドリームウェーバーで作っていました。


            事情を聞いて見てみましたが、確かにクイックタイムに関連しているようなものは見当たりません。


            少なくてもこのメッセージが出るのは1つのページだけでしたから思い切って作り直そうかと相談していました。


            しかし、原因が分からなくては作り直しても同じことが起こる可能性もあります。


            このホームページはどのページもトップ部分とナビゲーションバー(メニューバー)は同じで記事部分を個別に作っていましたのでとりあえず他のページの記事部分を問題のページからコピーペーストしようという結論になりました。


            そこで画面をレイアウトモードにして何気なく下までスクロールすると、なにやら見慣れないアイコンがあります。


            そこにカーソルを置いてみるとそれはなんとクイックタイムのプラグインでした。


            コードで探しても全くわからなかったのにまさか画面の一番下にあるとは思いませんでした。


            早速それを削除して再度サーバーにアップし、IE上で確認したらもう件のメッセージは出ませんでした。


            インターネットで散々調べても分からなかったのにこんなあっけなく解決するとは、と苦笑してしまいました。


            ホームページを作った後、気になるメッセージが出続ける方がいたら、一度レイアウトページの一番下を確認してみることをお勧めします。



            インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

            ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


            ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

            ・WEB URL:http://shirun.net/

                    

            <見やすいサイト・見にくいさいと-その2->人気ブログ|独立起業開業

            2009.07.21 Tuesday

            0
              見やすいサイト、見にくいサイトはこれから何回かお話してゆこうと思っています。


              で、前回に引続き少々お付き合いください。


              今回は見にくいというより「重い」サイトについてです。


              昨今のパソコンのスペックは素晴らしいもので描画能力も数年前のパソコンとは比較になりません。


              それに合わせてサイトをデザインするにあたりかなりの表現力を持ったサイトを見かけます。


              中には芸術と呼んでもいいほどの素晴らしいデザインのサイトもあり、いつまで見ていても飽きないようなものもあります。


              しかし、これが「重い」のです。


              画面全てが表示されるまで数十秒、回線の状況によっては数分待たなければならないこともあります。


              前回にも書きました、早く情報を知りたい身としてはこの時間がもどかしいときがあります。


              モバイル全盛のこの時代、オフィス以外の場所でサイトを調べる機会も多いのですが、公共の場所ではまだそれほど回線の速度が充実していないせいか、サイトを見ようと思ってもなかなか表示されず結局そのサイトを見ることを諦めてしまうことが何回かありました。


              これがトップページだけならまだいいのですが、サイト構成全体が重いととても見ることが出来ない、ということになってしまいます。


              サイトは企業のカタログと同じで見る人に自分の会社のイメージを伝えられる貴重なツールですが、あまりに凝りすぎるとかえって訪問者を少なくしてしまいかねません。


              サイトを自分で作るにしても何処かに依頼するにしても、アクセスしたらすぐに表示されるように気をつけなければなりません。


              実際にどのくらいの時間で表示されるか、回線の充実した社内だけでなく、公共無線LANスポットやモバイルで繋いだときにどうなのかを是非検証することをお勧めします。



              インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

              ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


              ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

              ・WEB URL:http://shirun.net/

                      

              <見やすいサイト、見にくいサイト>人気ブログ|独立起業開業

              2009.07.20 Monday

              0
                私は仕事柄結構な数のサイトを見ます。


                その中でも企業のサイトは1週間に40社から50社見るのですが、そうすると見やすいサイト、見にくいサイトというものが出てきます。


                もちろんどの会社も自分の会社の特徴を分かりやすくするための工夫を凝らしているのは理解できます。


                それが結果として閲覧者に分かりにくい、あるいはトップページだけ見て他のサイトに移ってしまう、という構成になっているサイトがあるのです。


                せっかく興味を持って訪れた閲覧者(社)が、見ることをやめてしまい同業他社のサイトに行ってしまってはビジネスチャンスを逃してしまいます。


                そこで、私が体験した見やすいサイト、見にくいサイトをポイントごとにお話します。


                ○Flashを使ったサイト


                確かにFlashを使うとサイトに動きが出て華やかなサイトになることは間違いありません。


                企業のイメージや成果を動きのある画面で表現することはインパクト強くなります。


                しかし、企業のサイトを見る人は仕事がらみで勤務時間中に見る機会が多いことを忘れてはいけません。


                アクセスしてからトップメニューが出るまでFlashを見させられ続けるのは結構苦痛です。


                Skipで飛ばすことも出来ますが、それでも時間は掛かります。


                欲しい情報のところまでたどり着く時間がかかりすぎると閲覧者は諦めてしまうことが多いのです。


                もし、Flashを使うのであってもメニューは常に表れるようにして閲覧者が欲しい情報のところに飛べるようにした方が親切です。



                インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート

                ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                ・WEB URL:http://shirun.net/

                        

                <IE8の新機能「互換表示」>人気ブログ|独立起業開業

                2009.04.14 Tuesday

                0
                  リリースされてからしばらく経ったIE(インターネットエクスプローラー)8ですが、今のところ快適に使えています。


                  それまで使っていたIE7が頻繁にエラーやフリーズしていたのにIE8に替えてからはまだ一度もそんなことがありません。


                  ただIE8にも弱点がありました。


                  それは、IE6やIE7では問題なく表示されていたページがIE8になると正しく表示されないことがあるのです。


                  そういったページはごくわずかでほとんどの場合、IE7と同様に閲覧できるのですが、やっぱり気になります。


                  Microsoftもこれを想定していたらしく、IE8にはそれに対応する新機能が追加されました。


                  それが、「互換表示」機能です。


                  正しく表示されない場合、そのページを表示したままアドレスバーの右側のボタンを押せば互換表示機能が働いて正しく表示されます。


                  IE8を使用していて正しく表示されないページがあったら是非このボタンを試してみてください。


                  ちなみに互換表示ボタン、ボタンが出るページと出ないページがあります。


                  ボタンが出るページは互換表示が必要ということですかね。



                  インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポート



                  ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


                  ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

                  ・WEB URL:http://shirun.net/

                  1