<SSD主流になるか>人気ブログ|独立起業開業

2008.11.21 Friday

0
    SSDの話題を何回か書きましたが、またSSDに話題を。


    UMPCではSSDがスタンダードになりつつあります。しかし容量は16GB程度が多いため、OSを含めたアプリケーションをインストールした場合、データの入る量は数GB程度となってしまうのがネックです。


    それを補うためにオンラインストレージで不足分をカバーするなどの対策をしていますが、大事なデータがネットに繋がらない場合に使えないというのは個人的には不安です。


    最近SSDがHDDに比べて価格が高く、容量が少ないというSSDの弱点が克服されつつあります。


    256GBの容量を持つものも登場して通常使用する分には不足のないSSDが市場にあらわれました。


    また、サードパーティーでもUMPCに純正で入っているSSDを交換することにより16GBを32GBにまで出来るものも発売されています。


    販売価格も3万円くらいなので手の届かない値段ではありませんし、メモリー類は時間が経つとびっくりするくらい安くなりますから、今後もっと大きな容量でもっと安くなることも充分考えられます。


    普通(?)のノートPCでもSSDが選べるモデルも増えてきていますしノートタイプPCの記憶装置はそう遠くない未来にSSDに置き換わるかもしれませんね。



    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <WindowsXP SP3アップデートでの注意点>人気ブログ|独立起業開業

    2008.07.18 Friday

    0
      以前にもお知らせしましたがWindowsXPのSP(サービスパック)3の自動更新が始まりました。


      SP3はSP2以降のセキュリティアップデートを中心にまとめたものです。


      私は7月17日に画面の右下に例の黄色いマークが出ていたのに気付いたのでクリックをすると、アップデート内容がSP3と有り自動更新に含まれたことを実感しました。


      その前にプライベートで使っているPCには実験の意味もありMicrosoft UpdateからSP3をインストールしました。


      SP2の時もそうでしたがSP3もダウンロードからアップデート完了までかなりの時間が掛かります。


      もちろんPCのスペックにより差もあるでしょうが、私の場合30分以上掛かりました。


      今回は仕事に使っているPCですが、それだけ時間が掛かるのが分かっているため仕事中はインストールをしませんでした。


      夜になってようやく仕事が一段落し、SP3をダウンロードし始めました。ダウンロードにも時間がかかるため、その間インターネットをながめていると、ようやくダウンロードが完了してインストールの画面になりました。


      このとき、「全てのプログラムを終了することを推奨」みたいなメッセージが出ましたが、ついIEを閉じるのを忘れてインストールを開始しました。


      全てが完了するまで時間が掛かることは分かっていましたので、インストール中はPCから離れて別のことをやっていました。


      30分くらい経ってそろそろ終わった頃だと画面を見ると、真っ青な画面に白い文字でなにやら英語が画面いっぱいに表示されています。


      英語でプログラムに重大な問題が生じ云々と出ていましたが、この時点でマウスもキーボードも一切受け付けません。


      仕方がないので電源ボタンを押すとあっさり電源が落ちてしまいました。


      もしかしたら、壊れたかも・・・と思いつつ再度電源を入れると何とか立ち上がりました。



      Windowsに重大な障害が発生したため・・・とかメッセージが出ていましたが失われたデータも無く、OSもおかしくなっていないようなのでホッとしました。


      気を取り直して再度SP3をインストールしました。今度は全てのプログラムを閉じてやり直しです。


      結果は見事にSP3が適用されました。


      たまたま私のPCだけの事なのかもしれませんが、SP3を適用するときは、警告のとおり全てのプログラムを閉じることをお勧めします。



      インターネットマーケティング「SEM」「インターネットマーケティングって何?」の答えは、無料レポートで!

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

      1