<起動回数や時間帯の制限でスマホ依存を防止するアプリ「AppDetox」>人気ブログ|起業集客支援

2015.06.28 Sunday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    「AppDetox」は、アプリごとに利用時間や起動回数などの制限を設けて、使いすぎを防止できるアプリです。集中すべき時についついスマホに手が伸びてしまい、そのままどっぷりと使ってしまう、いわゆる“スマホ依存”を軽減するのに役立ちます。年齢を問わずスマホが手放せなくなっている人には注目のアプリです。


    アプリを起動すると、スマホにインストールされているアプリの一覧が表示されます。その中から特定のアプリを選び、利用頻度を減らすためのルールを設定していきます。設定が完了したら、そのアプリを起動するたびにアラートが表示されたり、あるいは制限を超えている場合は起動しなくなるという設定が可能でです。


    設定できるルールは5種類。アプリの起動を完全に禁止する「Forever」、前回から一定時間が経過しないと起動できない「Some time」、特定の時間帯を除いて利用を禁止する「Specific daytimes」、起動回数を制限する「Number of launches」、利用時間に制限を設ける「Usage time」です。これらのルールを使い分けることで、忙しいにもかかわらず気がついたらアプリを何度も起動しているといった、いわゆる“スマホ依存”を軽減させられるというわけです。


    単純に利用時間を制限するだけのアプリは多数ありますが、本アプリのようにさまざまな種類の制限をかけられるアプリは珍しく、まさにデトックスの名にふさわしいものです。あえてネックとなる部分を探すならば、英語が苦手な人には最初はとっつきにくいことです。また制限はアプリ単位でしかできず、例えばブラウザで特定のURLを禁止するといったことができないことでしょうか。


    普通の制限方法ではなかなかスマホ依存から抜け出せない、意思の弱い人に向いたアプリと言えそうです。


    是非iPhoneのアプリでもリリースされることを期待します。

    ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


    ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

    ・WEB URL:http://shirun.net/

            

    <スマホの3軸センサーで各地の地震の揺れを測定・収集、ウェザーニューズが会員向けアプリにて>人気ブログ|起業集客支援

    2015.06.14 Sunday

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      地震、火山の話題が多い最近、スマホを使った情報収集アプリが出ました。


      株式会社ウェザーニューズは11日、ユーザーのスマートフォンの3軸センサーを使い、各地の地震の揺れを測定・収集する観測インフラを構築したと発表しました。


      これは有料の会員制サービス「地震津波の会」のiOS/Androidアプリで揺れの測定機能をオンにしておくと、緊急地震速報の通知と同時に測定を開始します。揺れを検知した場所、時間、揺れの強さがウェザーニューズに送信され、集まったデータがアプリ内で公開されますので一種のSNSでしょうか。


      会員が揺れの体感を報告する機能も追加。揺れの強さを「すさまじい」「激しい」「強い」「弱い」「揺れたかも」「感じず」から、揺れ方を「ドンッ」「ユラユラ」「ガタガタ」「その他」からそれぞれ選んで送信してもらうことで、機械による観測では表現しきれない揺れの特徴を把握するというものです。


      5月30日夜に関東で発生した震度5強の地震の際も試験運用を行っており、全国約2000人から体感報告が届いたといいます。その報告をマッピングして震度情報と比較したところ、強い相関が見られたとしており、「人間の感覚は地震に対しても有効な高感度センサーであることが分かった」としています。


      是非無料で誰でも利用出来るようにしてより細かな情報が集められるようになることを期待します。


       

      ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


      ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

      ・WEB URL:http://shirun.net/

              

      <ドコモ、Android 5.0バージョンアップ予定の15機種を発表>人気ブログ|起業集客支援

      2015.06.07 Sunday

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
        スマートフォンのOSのいいところは、基本無償で最新版にアップデート出来ることです。

        しかし、端末固有の仕様によりOSがバージョンアップしてもすぐに対応出来ないのが現状です。


        NTTドコモは、Android 5.0にバージョンアップを予定しているスマートフォン15機種を発表しました。このうち「GALAXY S5 SC-04F」「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」については、ソフトウェア更新でAndroid 5.0の提供が開始されています。

        それも含んでAndroid 5.0に更新できる機種は以下のとおりです。

        GALAXY S4 SC-04E
        GALAXY Note 3 SC-01F
        GALAXY J SC-02F
        GALAXY S5 SC-04F
        GALAXY Note Edge SC-01G
        GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
        GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
        Xperia Z2 SO-03F
        Xperia Z2 Tablet SO-05F
        Xperia Z3 SO-01G
        Xperia Z3 Compact SO-02G
        ARROWS NX F-05F
        ARROWS NX F-02G
        AQUOS ZETA SH-04F
        AQUOS ZETA SH-01G

        ドコモでは、上記の15機種以外について、ハードウェアの制限などによりAndroid 5.0へのバージョンアップを実施しないと案内しています。


        「GALAXY S5 SC-04F」「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」向けには、6月4日からAndroid 5.0にバージョンアップを行うソフトウェア更新が提供されています。


        画面デザインや操作感がAndroid 5.0に準拠したものとなるほか、着信通知などはアプリを終了させずに応答することが可能になっています。不具合の修正としては、VoLTE通話中にまれに相手の声が途切れて聞こえる場合があるという問題が修正されます。


        更新にかかる時間はどちらも約52分。更新中はほかの機能を利用できませんのでなるべく電話やメールが来ない時間帯に実施するのがお勧めです。


        更新後のビルド番号は「GALAXY S5 SC-04F」が「LRX21T.SC04FOMU1WOEA」に、「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」は「LRX21T.SC02GOMU2BOEA」になります。


        今回バージョンアップから外れた機種であっても新たに対象となる対応を期待します。

        ※最新のサービス内容と異なる場合がございますので、記事内で記載していますサービスの詳細については各提供元にご確認ください。


        ・facebook URL:http://www.facebook.com/shirun.consulting

        ・WEB URL:http://shirun.net/